ルナ・デ・シェラフ 

グアテマラでは非常に珍しいことに、
この一週間ほとんどお日様が顔を出すこともないまま、
雨が降ったり曇ったりの、寒々しい日々が続いております。
おかげで洗濯物が全然乾かないんですけれど・・・。


今夜も何やら雨模様です。


せめてもの気晴らしに、今日はグアテマラの歌をご紹介。
グアテマラのポピュラーソングとして一番有名な歌、と言えば
この歌、Luna de Xelajú(ルナ・デ・シェラフ)でしょう。


タイトルは「シェラフの月」なのですが、
シェラフってグアテマラ第2の都市、ケツァルテナンゴの別名。
というか、元々はシェラフって名前だったのに
後から来たスペイン人がケツァルテナンゴってつけた、ってのが正解です。


まあ、それはともかく、作詞作曲はウエウエテナンゴ生まれで
ケツァルテナンゴで活躍した歌手のパコ・ペレス。
1944年の国内の何とかコンクールで入賞、
今ではもうグアテマラ民謡化しているどころか、
第二の国歌とまで言われてます。


・・・・・・セレナータが国歌、とか取りざたされる国も珍しいような気が。
ケツァルテナンゴでは、市歌と制定されていて、
何か行事がある時には、これを皆で合唱することとなっております。



さてこの歌、元々シェニィ・コーエンという女性に捧げられた歌です。
恋仲であったシェニィとパコ、
シェニィの両親からの反対のために別れざるを得なかったのだとか。


その辛い失恋を歌ったのがこのルナ・デ・シェラフですが、
国内では歌抜きのマリンバでも良く聞かれます。
というわけで、こちら。
ベーヤス・アルテス(Bellas Artes)という名前の国立マリンバオーケストラの演奏です。



国立楽団なので、海外演奏も多々。
確か、日本にも行ってたと思います。
なぜ子供もいるのか良くわかりませんが、このビデオ。


歌つきバージョンは、マリンバ伴奏でウーゴ・レオネル・バッカーロが歌っているものを。
録音は少し古いようですが、
バッカーロの歌が一番この歌らしいのではないかなと。
月の見えている皆さんも見えていない皆さんも、是非聴いてみてくださいね。
背景の写真はすべてケツァルテナンゴのものです。



歌詞はこちらに。



Luna de Xelajú

Luna gradenia de plata,
Que en mi serenata,
Te vuelves canción,
Tú que me viste cantando, me ves hoy llorando,
Mi desilusión.


Calles bañadas de luna,
Que fueron la cuna de mi juventud,
Vengo a cantarle a mi amada,
La luna plateada de mi Xelajú.


Luna de Xelajú,
Me diste inspiración,
La canción que hoy te canto,
Regada con llanto de mi corazón.
Luna de Xelajú,
Que supiste alumbrar,
En mis noches de pena,
Por una morena de dulce mirar,


En mi vida no habrá,
Más cariño que tú, mi amor,
Porque no eres ingrata,
Mi luna de plata,
Luna de Xelajú,


Luna que me alumbró,
En mis noches de amor,
Y hoy consuelas la pena,
Por una morena que me abandonó.




[ 2008/06/06 22:20 ] グアテマラ基礎知識編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/520-0530e8a9