HomoTeCien 

小僧の学校では毎年この時期、テーマを決めての総合学習が行われます。
この総合学習、スーペルアクシォンと呼ばれているのですが、
幼稚園から高校までの全学年で同じテーマを追いかけるもので
去年は確か「現在と未来のグアテマラ」だったような記憶が。


さて、今年のテーマはHomoTeCien(オモテシエン)
おもてしえん~!?そんなスペイン語あったかいな、と思ったんですが
どうやら造語らしいです(人騒がせな)。
Hombre(人間)、Tecnología(科学技術)、Ciencia(科学)の頭を取ってつなげた言葉。



人類の進歩と共に科学技術は大きな発展を遂げ、
今ではこれらの科学技術のない世界を創造する方が難しいくらいだ。
テレビ、コンピュータ、ATM、携帯電話などのない生活は考えられないと言ってもいい。
しかしながらこれらの科学技術を製造、製薬、調査の分野に応用することについては
まだ余り行われていない。
一方、これらの科学技術のお陰で、ふさわしくないと思われる行動
(携帯電話がかかってきたために会話が打ち切られる、
 実際に会って話すよりもチャットを好む、
 音楽をかけながら食べたり会話をしたるするなど)も見られるようになってきた。
こういうことを踏まえて、今年のスーパーアクションのテーマは
「オモテシエン2008」とすることにした。


このテーマでは:
科学技術とは何で、どのようなもので、何のために活用するのか。
科学技術がもたらす変化、及び近い将来に実現しそうな科学技術は何か。
益々グローバル化し、より科学技術が発展してゆく世界にどう直面してゆくか。
また科学技術の発展の中で自然をどう保護してゆくことができるか。
を様々な側面から検討する。



例年に比べると抽象的で難し気な感じだよなぁ・・・。

で、小僧達、特に通信手段の今昔、
科学技術が人類に与える利点と欠点、
更には科学技術が環境に与える利点と欠点
などについて学んでいく模様です。


この総合学習、個人で調べてグループでまとめる、という形式。
最終的にはパワーポイントで発表し、
加えて何やら模型なんかも作るみたいです。
毎年、大変だけれど楽しそうなんですよね、この総合学習。
私も子供の頃にこういうのやってみたかったなぁ~、と
ちょっとばかりうらやましいです。
それにしても、手伝ってやらないといけない親は大変・・・・・・。



[ 2008/05/13 23:44 ] 小学校 | TB(0) | CM(2)

ありがとうございました

先日ブログに遊びにいらしていただいてありがとうございました。とてもいいご意見をいただいてとても嬉しかったです。これからもがんばってください。
では、またね!
[ 2008/05/15 06:11 ] [ 編集 ]

こちらこそ!

>noraさん

わざわざ遊びに来て頂いてありがとうございます!
noraさんのブログ、私も楽しみにしていますよ。
折角なので、ここでも紹介させて頂こうかな・・・。
[ 2008/05/15 22:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/510-0bbed355