休日は空港で 

以前からたびたび書いておりますが、我が家の小僧は大の飛行機好き。
空港へ行って飛行機を見るのは、小さい頃から大好きな暇つぶし趣味。


この1日は労働者の日の祝日で休みだったのですが、
「どこ行きたい?」
「空港!」


またかよ~、と思いながらも、
あまり金のかからない行き先だからいいっかぁ~、と
今日も出かけたのでした。


Terminal



ラ・アウロラ国際空港、まだ改装中ですが、北側のターミナルはほぼ完成。
右奥に見える19番と20番ゲートのあたりをまだもさもさやってますが・・・。
左手奥、空港の向こう側、ビルの並んでいる辺りが第14区になります。


この写真を撮ったところ、空港から市街地に入る道路沿いなのですが、
空港の周囲に金網が張られていて、
飛行機がものすご~く良く見えるポイントになってます。
なので、休日なんかは、この道路沿いにずら~っと車が並んで
飛行機見物をする人たちで賑やか。


ただし、この日は、私達が着いた3時半ころはまだ暑かったのですが、
その頃から風が強く吹き始め、
4時半頃には空港を吹き抜ける風は台風並み、
おまけに空も曇ってきていて、無茶苦茶寒かったです。
いつも、上着いるかなぁ、とか思いながら、
出かける時点で暑いと置きっぱなしにしちゃうんですよね・・・。
帰る頃には小僧も私も鳥肌立ってました。


さて。今日のお目当てはイベリア航空。
マドリードから週3本やってくるこの便は
グアテマラにやって来る路線の中では最長。
当然、グアテマラにやって来る定期便の中では一番大きな飛行機です。


Iberia


機体はエアバスのA340-600。
最近、A380が最大の飛行機として話題を呼んでいますが、
A340-600はそのA380よりも「長い」飛行機。
その長さ、75m。A380は70m弱だったかな。


という訳で、着陸のアプローチが市街地側からだったりすると、
今にもそこら辺のビルか何かにひっかりそうで、見ていてハラハラ。
そこら辺にあるものの上に圧し掛かるように高度を落としてくる様は迫力満点。


普段は中央ターミナルにあるゲートを使うんだけれど、
今日はなぜか北ターミナルの一番端っこのゲートを使用。
お陰で駐機する様子とかが良く見られて小僧は大喜び。


Ibera y Taca Regional


私達がカンクンに行った時に乗った50人乗りのATR-42が
A340-600をよっこいしょっと迂回してターミナルへ入ってきたところ。
いやいやこの大きさの違いはものすごい。


その奥に3つくらい尾翼が見えているのは地元のタカ航空。
こちらはエアバスのA-310と320だったかな?


もうこの頃は風がものすごくって、雨も降りそうな雲だったし、
早く帰りたかったんだけれど、
小僧は
「イベリアが離陸するまで~!」
と鳥肌立てながら頑張ってるしね・・・。


このイベリア定刻から遅れてやって来ることが多いのですが、
この日も40分遅れでやって来て、1時間後に離陸致しました。
一番大変そうだったのは貨物の積み下ろし。
図体が大きい分、貨物もたくさん詰め込めるわけですが、
何とか貨物を下ろして積み込み始めたまでは良かったけれど、
最後の4個くらい、どうもスペースがなくて?なかなか積み込めない。
すったもんだと奥の方からきちんと整理したのかなぁ?
それとも他の荷物と入れ替えてたのかも?ですが、
15分ほど経ってからやっと積み込んでました。
それと同時にゲートを離れてもう離陸。


アウロラの滑走路は3800m。
A320なんかは滑走路の真ん中辺りでもう離陸しちゃうんですが、
A340-600ともなると、だだだーーーーーっと向こうの方まで行って、
やっとよっこいしょっ!と機首を持ち上げる感じ。
まあ、その辺りは今日はターミナルに隠れて見れなかったんですが、
やっぱり迫力あります。


それにしても男の子って、どうして乗り物好きなんでしょうね?



[ 2008/05/01 23:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/505-d3d68967