ビクトル・リベラのこと - グアテマラ時代 

私の悪い癖で、書き始めておきながら、
中途半端で放ったらかしになっておりましたが。
今日はちょっと余力があるので書き進めてみます。


リベラのグアテマラでの仕事ぶり、
実はあまり公には知られておりません。
大体、その存在が一般に知られるようになったのは、
例のエルサルバドルの中米議会議員殺人事件の後。


1996年にグアテマラ入りし、
アルスー政権下の内務省長官のコンサルタントに。
当時のグアテマラでは、疫病のように誘拐が流行し、
1995年には何と1000件以上が発生したとか。


リベラがかかわったとされる事件には次のようなものがあります。


ベベリー・サンドバル誘拐殺人事件

リベラが最初に手がけたとされる事件。
当時大学生であったベベリーが1996年5月30日に誘拐され、
家族は何ヶ月にも渡ってベベリーを返してくれるよう求めていたのですが、
1996年11月4日、アマティトランの市営墓地に
身元不明遺体として埋葬されていたのがベベリーだったと判明。


この事件ではアゴスト・ネグロ(黒い八月)という
誘拐グループが摘発・逮捕されておりますが、
ベベリーが拉致されていた間に、犯人グループの1人とベベリーとの間で
友情あるいは愛情をわかち合うに至ります(ストックホルム症候群)。
この人物の証言により、96年~98年頃に少なくとも15件の誘拐を実行したとされる
誘拐団の全員が逮捕され、
犯人らには死刑あるいは懲役刑が下されています。
この人物は証人保護法を適用された最初の人物だったかな?
証言の後、身元を変えてアメリカだったかカナダだったかに移住しております。


誘拐団AR-15の逮捕

フリオ・アロンソ・デ・ラ・クルスや
ロベルト・サエンス・ヤキ(96年5月10日)らの誘拐を実行したとされるグループ。
97年だったかに一味9人が逮捕され、98年に全員に懲役刑が下されております。


イサベル・ボニファシ・デ・ボトラン誘拐殺人事件

96 年11月16日に誘拐され、後に遺体で発見された
ボニファシ・デ・ボトラン(当時88歳)誘拐殺人事件では、
誘拐団ロス・パサコの一味が逮捕されています。


エルサルバドルとの国境に近い
フティアパ県のパサコ出身者で構成されているこのグループは
グアテマラ及びエルサルバドルで、
少なくとも30件の誘拐事件に関わったとされています。


ラ・アウロラ空港の現金強奪事件

2006年9月7日、ラ・アウロラ空港で、
現金輸送車からアメリカン航空に積み込まれるはずだった
現金800万ドルが強奪された事件。


犯人グループの何人かは逮捕されていますが、
主犯と見られるフランシスコ・エストゥアルド・アラナ大尉は逃亡中。





まだまだ他にもあるのですが、
あ、そう言えばこんなのもあったよな、と調べながら思い出したりしてます。
いやでも本当に、あの頃はひどかったです。


97年と言えば、私は今の職場に就職したばかりだったのですが、
それまでは一般のニュースに触れる機会もなかったのが
急に新聞を読み出すようになって、
とにかく毎日のように誘拐関連のニュースが載っていたのを記憶しています。


身代金の支払いにより被害者が返されるようなケースでは、
復讐を恐れる被害者一家は事件を告発することもなく、
従ってまた身代金目当ての事件が発生するという悪循環で、
そうした中で起こったベベリーの事件は、私にも印象の強いものでした。


家族・友人らは必死でベベリーを返してくれと活動を続けたものの、
数ヶ月前に墓地に埋葬されていた判別もつかないような遺体が発掘され、
彼女のものだったと明らかになった時のこととか、
改心した犯人の証言とか、
ドラマチックな展開をした事件であったのも事実なのですが。


リベラにとっては、グアテマラで初めて手がけた事件で
被害者が遺体で発見されるという結果となり、
あまり思い出したくない出来事だったのかもしれませんが。


さて、90年代半ばに流行した誘拐事件は、
99年頃から激減するのですが、
最近ではまた増加傾向にあるようです。


特に、アゴスト・ネグロの主犯格と目されるリゴリーコという人物は、
現在懲役50年の刑に服役中ですが、
刑務所(実際には拘置所の特別房に収容されているのですが)から
外の世界の組織を率いて、再び誘拐に手を染めているとされます。


リベラはこのグループの摘発のため、
逮捕令状と家宅捜索を請求していたとのことですが、
その逮捕令状も家宅捜索も、現在に至るまで実行されていないようです。
請求を行うはずの検察庁の検事総長は
リベラが逮捕令状などを請求していたということすら知らなかったようで、
さて、何がどこで一体どうなっているのやら・・・・・・。



[ 2008/04/21 22:37 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/501-b7be1382