かゆっ! 

セマナ・サンタも終わってしまい、仕事に復帰。一週間休んだだけなのに、休暇前に何をしていたのか思い出せず、調子が出ない。それなのに朝からガンガン電話が鳴り、テンヤワンヤしているうちに一日が過ぎてしまった。

 

それにしても(ボリボリ)、・・・・・・かゆい・・・・・・(ボリボリボリボリ)。

 

コスタ・スールに行ったときにダニを拾ってきたらしく、帰ってきてから息子と一緒に体中をボリボリかきまくっている(自慢じゃないが、私の方がよく食われている)。

 

乾季は、ダニやらノミやらの繁殖期。雑草の茂みには大挙しているし、もちろんイヌ・ネコといった動物にもいる他、人にもいたりするから、どこにいても油断できない。年に数回はダニに食いあらされて大変な目にあう。

 

蚊と違って、この類の奴らって刺されてもすぐには気づかないことが多い。何だかかゆいような気が・・・と思った時は、もう何ヶ所も刺されている。種類にもよるけれど、これがまた強烈に痒い。でもって痒みが一週間くらい引かない。おまけに、この刺された痕がアザになって、半年くらいは消えない。痒みに耐え切れず、ひっかいたりしようものなら、更に悲惨なアザが残ることになる。

 

ちなみに、地元の人はこれほど悲惨な結果にはならない。子供の頃から刺されているうちに、免疫でもできるんだろうか。日本製のかゆみ止めなんかも余り効かないものが多かったりする(頼みの綱は、消毒用アルコール)。

 

それにしても、お陰で私の美しい太ももやお腹といった、他人には見せられないような場所には、この手のきたないアザがある。やっと消えてきた、と思った頃にまた刺されるのだから、生傷ならぬ、生刺し痕の絶えない体ができあがるわけである。

 

首にキスマーク、と思ったら、実は刺された痕だったりして・・・・・・(うっ、ホントすぎて笑えない)。




[ 2005/03/30 02:57 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/479-a6f5c62c