Yu-Gi-Oh!のこと 

e4ec8462.JPG

時々日本から手紙が届く。私宛、というよりは息子にあてた、母からの手紙。中身はといえば遊戯王のカード。遊戯王が大好きな息子のためである。

 

日本では遊戯たちが活躍するシリーズは終わったようだけれど、当地ではケーブルテレビで毎日(それも1日3回)放映されている。バトル・シティ編が終わった後、始めに戻って再放送中。それを毎日見ているのが我が家である。

 

海外ではYu-Gi-Oh!として知られるこの番組は、ポケモンに続いて、世界中でヒットしている日本のアニメ。アニメだけではなく、カードを中心としたグッズも人気を呼んでいる。去年の今頃は、遊戯王のカードを売っているお店なんて、まだまだ数えるほどしかなかったけれど、今ではあちらでもこちらでも見られるようになった(スペイン語版だったり、英語版だったり、時には日本語版だったりと様々)。最近は地元のローカル局でも放映されているようなので、更に人気が広まっているようだ。

 

カードの値段は結構高く、日本では300円で売られているパックが、ここでは50ケッツァルくらいする(結構値段にバラツキあり)。お昼のランチ、軽く2食分。ちょっと高いゾと思うこのカードが、息子くらいの年齢の子供達の間で大流行しているから、お母さんは大変なのである。

 

さて、息子もカードを学校に持っていって、と言っても学校にはおもちゃを持って行ってはいけないので行き帰りのバスの中などで、友達と見せ合っては交換したりしているようだ。そうして三幻神獣のうち2つを手に入れたと、一人前のデュエリストになったつもりでご機嫌にしている。

 

そういえば、息子が去年のクリスマスにサンタ・クロースにお願いしたのも遊戯王のカードだった。残念ながら、当時は息子が欲しがっていた「遊戯のカード」がなくて、仕方なく「ジョーイ(海外版での城之内の名前)のカード」を買っておいた。プレゼントを開けた息子は「サンタさんが間違えたのかな?それとも北極には遊戯のがなかったのかな??」と首をかしげることしきり。「う~ん、多分、売り切れだったんだよ」と苦しい言い訳をする私。

 

さて、そんな息子が誕生日(9月)に欲しがっているのが、デュエル・ディスク(本当のデュエル用というよりは、形だけのおもちゃ、って感じのシロモノ)。これがここではレア物で、なかなかなかったのだけれど、ある日一つだけ売っているのを見つけた。おもちゃにしては無茶苦茶高いので迷ったものの、息子の喜ぶ顔見たさに買って帰って数日後。別のお店でもっと安く売ってた。 Aay, qué gran p......! (注:点線部分は伏字) それでも、ま、ゲットできたんだから、良しとしとこうかな。


Yu-gi-oh! Duelist (Yu-Gi-Oh!)

Yu-Gi-Oh 07 Best of Banzai!.


[ 2005/04/01 21:47 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/476-9ad94b6e