地震大国 

最近、あちこちで地震が起こっているような気がするけれど、グアテマラも地震国だ。以前の首都アンティグアが崩壊して、グアテマラ・シティーに遷都したのも、地震のためだった。

 

アンティグアの人たちって、未だにその時、崩れたガレキを後生大事にして「遺跡だ」と言い張っている。修復できないだけなんじゃないの?って気がするが(実際には、遅々とした修復が続いているようだ)、まあ、それはおいておいて。

 

グアテマラは環太平洋火山帯に位置しているので、火山が多い。だから地震も多い。お隣のホンジュラスは、火山がない→地震もない。その代わり、土地も肥えていない。温泉もない。ないないづくしだ。

 

個人的には、地震があってもグアテマラの方がやっぱ、恵まれているかな~、と思う。

 

とは思うんだけれど、やっぱり、揺れるとコワイ。さっきも食器を洗っていると建物がミリミリって言い出したかと思うと、ぐらっと揺れた。直ぐに揺れは止まったものの、何だかいつまでも体が揺れているような気がする。

 

地震が多いのは、雨季の始まりと雨季の終わり、って聞いたことがある。雨季の始まりに多いっていうのは、雨が降り出す→雨が火山を刺激する→地震になる、という構図で、雨季の終わりってのは雨が激しく降るから、ってことらしい。ちょっとこの眉唾の説、少なくとも火山活動については、ちょっとあたっているかも・・・・・・という気がするのだけれど、さて、もうすぐ雨の始まる5月。今年はどうなることやら。




[ 2005/04/12 19:25 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/465-4bd49dca