秘書の日、といえば・・・・・・ 

誰が決めたのかは知りませんが、426日はDía de la Secretaria(ディア・デ・ラ・セクレタリア、秘書の日)。ボスが秘書たちに日ごろの感謝を表明する日、で、グアテマラでは、秘書たちを食事に招待したり、プレゼントを贈ったりしているようです。

 

私は実際のところは秘書ではないのですが、職場の同僚たちがなぜか「秘書の日おめでとう!」と祝ってくれるので、とりあえず「ありがとう」と笑顔で応じる、なんだか不思議な日、でもあります。

 

この日のためにレストランやホテルでも特別のプランが用意されていたりします。その中でもセクレタリーたちに一番人気なのは、Sólo para mujeres(ソロ・パラ・ムヘーレス、女性専門)。女性向けのヌードショーです。

 

登場するのは、もちろんん男性。それにヌードと言っても(こんな言葉を入れると、またアドセンスが過剰反応するかも?)、全裸になるわけではなく、ビキニタイプのショーツだけは確保している、健全なショーです。そういうわけで、秘書の日になると、ホテルその他でこの類のショーが催され、うら若き(?)セクレタリーたちで一杯になる、という次第。

 

Despedida de Soltera(デスペディーダ・デ・ソルテーラ、独身サヨナラパーティー)でも登場することがあるようですが、仮面をつけた男性が音楽(と手拍子)に合わせて衣装を取っていく(って、文章にすると、ホント、それだけのことですね)。一方観客の方はキャーキャーと歓声やら嬌声やらが飛び交い、時には失神する人も出るという大騒ぎになる、らしい(残念ながら実物を見たことがないので・・・・・・)。

 

「秘書」と「ヌード」っていうこのミスマッチ、なかなかいいですよね。かく言う私も機会さえあれば・・・・・・・とちょっと羨ましく思わないこともない、そんな秘書の日、なのでした。

 

アルゼンチンのものですが、Sólo para mujeresサイトがあったのではっておきます。興味のある方はどうぞ。

http://www.fiestaydiversion.com.ar/lugar/solomujeres.html




[ 2005/04/28 03:34 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/447-1daf4294