サン・シルベストレ・マラソン 

San Silvestre


これ、もうグアテマラの大晦日の風物詩と言っていいですよね。
毎年年末の午後になると、グアテマラ市内でサン・シルベストレ・マラソンてのが行われます。


家の近くの通りを走るんで、ちょっと行ってみたのですが、
ご覧の通り、結構な人出。
これこれ、そんな前に出たら、ランナーが走れませんがな。


写真の時は本当に競争している人たちで、
走ってる人たちも少ないんですが、
この大会、競技マラソンと市民マラソンが合体しておりまして、
後半になると大量の市民ランナーが押し寄せます。


競技マラソン部門は一般、マスターズ、少年と別れておりまして、
これだけで定員3200人。
加えて、ゼッケンのない、一般市民がまた多数で、
ひょっとして4000人近くが走っていたのかもしれません。


コースは第4区の市役所から第13区のロス・アルコスまで9300m。
暑さもちょっと落ち着く午後4時スタートです。


犬を連れて走ってる人やら、
ベビーカーを押してる人、子どもを肩車してる人なんてのもいますが、
見ものは仮装ランナー。


時期的にサンタクロースの仮装が多いのですが、
他にもミイラ、妖精、箱でつくったバスを担いで走ってる人、
大きなタバコの箱の着ぐるみ?を着て、ノースモーキングを訴えてる人、
スパイダーマン、骸骨、マリアッチ、ジャック・スパローと海賊たち etc.
思い思いの仮装をしている人たちが、
他のランナーに混じってやってきます。


私的に一番受けたのはローマ教皇。
教皇の白いスータンを身につけ、顔までマスクをかぶって(暑そ!)、
更には見守る人たちを祝福しながら走るという念の入れ方。
いやいや、これで9km走るのは大変ですが、さすがは教皇さま。


ま、そんなこんなな年末も、カウントダウンと共に打ち上げられる花火で終わり、
新年を迎えるのでした。


良い年となりますように。



[ 2008/01/01 10:55 ] 風物詩 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/44-19b423e1