雨季の訪れと五月病 

Primera Lluvia8日、買い物から帰ってしばらくすると、雷が鳴り出し、やがて、雨。

 

ウキウキとはいかないのですが、遂に雨季到来です。

 

地元の人は雨季を(Invierno)と呼びますので、今まで(Verano)だったのが一気に冬になってしまうという。って言うか、夏と冬しかないのですよ、この国は(一方で、グアテマラのキャッチフレーズは、País de eterna primavera 常春の国」だったりするのですが)。

 

雨が降り始めると温度が下がるのはありがたいんですけれど、今度は夜間、肌寒いくらい。日中は、雨が降り出すまでは暑いことが多いので、今まで以上に日較差が大きくなってるんじゃないでしょうか。風邪引きさんの目立つこの季節。

 

雨季になるとやって来るのが五月病(Mal de Mayo)。仕事に行きたくない(あ、それは5月に限らないけど)、っていう病気じゃないんです。

 

雨の訪れとともに緑は息を吹き返す。いや、それはいいんですが、5月の雨の訪れとともにやって来るものって、他にもありますよね。五月蝿い、って言葉もあるくらい5月と縁を切れないもの、・・・・・・そう、ハエ。雨が降り始めると何よりも増えるのがハエなのです。

 

そのハエがもたらす汚染による胃腸の不調を五月病、って呼ぶのだそうです(と言いつつ、実はグアテマラでは余り聞かなかったりするのですが。エル・サルバドルに住んでいた頃に聞いた話です)。5月になると増えるから、なんでしょうね。何はともあれ、食べる物には要注意。です。

 

・・・・・・あ、また降り始めた。毎年、雨季の初めって、ホント、よく降るんですよねぇ。




[ 2005/05/10 19:28 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/434-5eb85097