地震、そして嵐 

トイレタワシの話に続いてトイレの話をしようかと思ったのですが、昨日地震があったので、地震の話にすることにしました。

 

以前にも書いていますが雨季が始まる5月は、火山活動・地震活動が活発になるという説があります。

 

雨が火山を刺激する、というのはわかりやすいのですが、これが地震をも誘発する?となると、何だかわかったようなわからないような???

 

まあ何事も、論より証拠。ぐらぐらっと来たのが仕事中(14:30頃)。16階建てのビルの10階にいると、かなり揺れが増幅されて感じます(マグニチュードは5.2)。とはいえ、この程度の揺れでガス抜きをしてもらえるのなら、大歓迎ですけれどもね。

 

さて、これに加えて、大型の熱帯低気圧がやってきています。

 

グアテマラは太平洋と大西洋に挟まれているわけですが、大西洋で発生した大型の熱帯性低気圧はhuracán(ウラカン、ハリケーン)、太平洋で発生したものはtifón(ティフォン、台風)と呼ばれます。

 

当地を台風が襲うことはマレで、ほとんどはハリケーンなのですが、どうやら今年はその太平洋で発生した熱帯性低気圧Adrián(アドリアン)が、今日(19)にもグアテマラ南部に上陸してカリブ海に抜けるかも・・・・・・という話です。

 

えーっと、こちらの画像を見ていただいた方がわかりやすいかな。最新の画像、というわけにはいかないようですが。

 

グアテマラ、というよりは、エル・サルバドルを直撃して、ホンジュラスに抜けていっているようです。今のところ、グアテマラ市は曇っていますが、雨も風もありません。一応国内には警戒宣言が出ておりまして、政府は公立校の授業の中止を決定したそうです(我が家の息子は学校に行きましたが)。

 

この時期に台風やハリケーンがやって来ることはかなり珍しいです。まだ、雨季が始まったばかりで、まだ大雨に慣れていないところへ、いきなり熱帯性低気圧というのは、結構怖い。大きな被害が出なければいいんですけれど。




[ 2005/05/20 03:49 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/424-67440b06