トイレ物語 Part III 

トイレ物語第三弾は、水洗トイレ編です。*今日のはちょっと汚いかも。余り想像を膨らませないで読んでくださいね。

 

一般的には、水洗トイレが一番清潔!と思われていますよね。でも、それは十分な水があってこそ、の話。水の流れない水洗トイレほど最悪なものはない!ホントです。

 

グアテマラというのは、24時間水が出る、という国ではありません。そのため専用の貯水槽を供えている家もたくさんありますが、そうでない家もまた多々あり。貯水槽があれば、24時間水道が使えるわけですが、そうでなければ、やっぱりバケツに水をくんで流さなければならないわけです。

 

ところが。この水洗トイレって、こうやって水を上からかけても、なかなかうまく流れてくれないんですよね。(前回書いた人力水洗トイレの方が、キレイに流れてくれる)。

 

もともと、ここのトイレって、日本の洋式トイレほど、吸い込みが良くないです。水を流すとぐるぐるぐるぐると水が渦を描いて流れ出し、その流れにのって流れていく、という感じ。なので下痢の時は、何度か流さないといけなかったりするくらい。バケツの水をかけてたくらいでは、なかなかうまく吸い込んでくれないのです。

 

一方で、地方都市も含めて、都市部で一般的に使われているのは水洗トイレ。確かに、屋内に設置するタイプのトイレとしては、陶器の便器がベターなのは事実です。

 

しかし・・・・・・。水利の悪いところに一番水が必要となるタイプのトイレ(しかもうまく流れてくれない!)。これって、矛盾していると思いませんか?

 

というわけで、私のトイレ・レビュー、まとめるとこんな感じになります。

1.水の流れる水洗トイレ: 快適。下痢さえしなければ。

 

2.人力水洗トイレ:見た目は無骨だけれど、快適。水をかけるコツを覚えると、毎日腕前が上がっていくのが楽しくなる。

 

3.落とし込み式トイレ:意外と苦にならない。雨が降り始める前に用を足しておくのがコツ。

 

4.水の流れない水洗トイレ:最悪。下痢でもした日には、ここに書くとブログが削除されかねないくらい悲惨な状況となる。

 

トイレ物語、なんと、まだ続きます。




[ 2005/05/28 03:37 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/416-b9252642