太陽が北から 

グアテマラは北緯15度くらいのところにあります。北回帰線(えーっと、2326分だそうです)よりも南、ですよね。

 

北回帰線内に位置することで発生する自然現象があるのですが、何かおわかりになるでしょうか。あ、タイトル見たらバレバレか。

 

そう、太陽が南ではなく、北側へ移動する、のです。

 

グアテマラ辺りだと、毎年5月初めと8月半ば頃に、太陽が天頂を通過します。真上から照りつけますから、この日の南中時には、物の影がなくなる(影が物の真下になってしまう)、という現象も発生します。

 

熱帯の木って、広く枝を張り出していますよね。影もなくなるくらい暑い地域では、こういう日陰は貴重品。メルカド(市場)なんかもこの木陰で開かれたりするそうです。自然って、やっぱりうまくできていますよねぇ。

 

私の職場では、私は北側の窓際にデスクのある「日陰者」なのですが、ちょうど今頃の時期だけは、午前中、ほのかに太陽が差し込んできます(日中は天頂高く上るので、暑い日ざしが入ってくることはありません)。

 

あ、そういう季節になったんだな、って、毎朝オフィスに行くたびに感じるんですよね。




[ 2005/06/02 03:45 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/411-996031fc