W杯北中米カリブ地区予選第5戦結果 対コスタリカ戦 

はあああー。見ていてすごく疲れました。


決勝点は93分。終了間際のゴールでした。くやしいっ!!!


前半はコスタリカが1点、後半も1点追加で、
もうこの時点で「今日もダメか~」雰囲気が漂ってきたのですが、
そこから2点返して同点!ここまでは良かった。すごく良かったのですよ。
残りは既に15分ほどだったし。


ところがどっこい、その後、ギジェルモ・ラミレスが足を痛めて下がった時に、
イヤ~な予感がしたのですが・・・・・・。
案の定、途端にリズムが狂ってきたような感じ。
危ういシーンを何とか回避したと思ったら、ゴール前の混戦から決められてしまった。
もう、これはすごく悔しい!


アウェーで引き分けなら、勝ちに等しいですもん!
実況のおっちゃんも
「はっはっは、ざまぁ見ろ。サプリッサ競技場はまるで墓場のような静けさだぁ~!」
とか言っていたところへこの始末。
この決勝点の瞬間、脳の血管がブチッ!と切れたグアテマラ人は、きっと、数知れず・・・・・・


グアテマラの選手って、今回の最終予選に残っている6ヶ国のうち、
間違いなく一番平均身長が低いチーム、だと思います。
コスタリカ人、でかいです。
白人系の国+アフリカ系の選手もいる ので、見上げるような大男がゾロゾロ。
東大寺の仁王像かと見間違えるようなド迫力のゴメスとワンチョペのツートップに対し、
グアテマラは(ペサロッシが負傷していて出場できないので)
カルロス・ペスカド・ルイスと
カルロス・ピン・プラタのお笑い系カルロス二人組がツートップ。


それでも、短い足をちょこちょこ動かして走るグアテマラの選手、好きなんですよ、私。
特にパンドを軸にした攻撃がうまく決まるときは見ていて快感です。
ポカも多いし、デフェンスは穴だらけなのですが、
それでもやっぱりグアテマラ代表のファン、やめられないですねぇ。
まだまだチャンスはある!


これで折り返し地点にきまして、北中米カリブ地区の第5戦の結果は:
メキシコ 2-0 トリニダード・トバゴ
アメリカ 3-0 パナマ
こちらは順当。

3位はコスタリカで勝ち点7、4位がグアテマラです。
かくなる上は、10月の最終戦、ホームでコスタリカに勝って、
ワールドカップ出場を決める!もう、このシナリオで決まり!!
行くぞー、ドイツ!


・・・・・・日本はさっさと決まっていいな。


[ 2005/06/09 19:58 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/402-abe6360c