引き続き、ピタヤ 

なおみんさんからピタヤについて

 これは珍しい。はじめて見ました。
 サボテンにどうやってなってるんだろ???
 いろいろ調べてみたけど、結局分からずじまい。
 サボテンといっても日本にあるようなサボテンとは違うよね?

というコメントを頂いたので、調べてみました。

 

このサイトがいろんなピタヤの中と外の写真を載せていたので・・・・・・。写真で見ただけでは、違いがよくわからないものもありますが。

 

ピタヤの木???の写真もあり。支柱を立てているようですが、メデューサの髪みたい。多分、身が結構重たいので、こんな風に垂れてしまうんじゃないかな?

 

可憐な花は夜開き、9時くらいまでにはつぼんでしまうのだそうで。月下美人ってサボテンもこんな感じでしたよね、確か。

 

Wikipediaの英語版にもありました(スペイン語版にはピタヤがない・・・・・・)。

 

どうでもいいんですけれど、英語のドラゴン・フルーツとかドラゴン・パールとかいう名前が、この果物にはピッタリ!って感じ。なんでスペイン語ではピタヤって言うんだろう・・・・・・、多分先住民の言語なのでしょうが、どんな意味なんでしょうねぇ。

 

日本語のサイトでは熱帯果樹写真館の写真がきれいです。

 

ただし、

果肉の味はナシの酸味を除き、キュウリを足した様な味。

っていう説明にはちょっと苦笑。すごくマズソーに思えるのは、私だけ???




[ 2005/06/23 20:05 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/388-04c215b6