アウロラ空港の展望台 

息子は大の飛行機好き。将来はパイロットになりたい、というのが彼の夢です。

 

そんな息子と空港に「遊びに」行ってきました。

 

友人曰く、グアテマラで良いことと言えば「気候が良いこと と 空港が近いことの2つしかない!」のだそうですが、この空港、グアテマラ・シティの我が家の近くにあります。自宅の窓から離陸する飛行機の姿が見える距離。

 

とはいえ、ターミナルは滑走路の反対側にあるので、ぐるーっと一回りすることになります。道が空いていれば、所要約5分。

 

さてこの空港。本当はグアテマラ・シティから太平洋に向かったところにもっと大きな空港をつくりたい!というのがグアテマラ政府の積年の夢、なのですが、資金不足で未だに実現していません。

 

空港の安全性やら何やらを評価した格付けがあるのですが、我らがラ・アウロラ国際空港は、「お情けで?」何とか合格になっているような感じ。不合格になると、確か、アメリカからの乗り入れが不可になる、んではなかったか・・・・・・。

 

格付け維持のために、毎年、必死の改修工事が繰り返されるこのターミナル。とは言っても、建物を拡張するわけではなく(建物の形が妙に凝っているため、タテにもヨコにも拡張しにくい)、間仕切りを変えているだけ。なので、行くたびに内部の迷路構造が複雑化しています。

 

さて、この3階建て(4階があるという噂あり、私は行ったことがないのですが)のちびっこ国際ターミナルに、最近展望台らしきものができました。3階の、以前はオフィスがあったスペースだと思うのですが、滑走路に面した側にフードコートができ、飛行機の離着陸を見ながら食事やコーヒーを楽しめるようになったのです。

 

小さい空港なので、ターミナルからトコトコと滑走路の端まで行き、轟音を巻き上げて駆けてきてターミナル前でテイク・オフするまで、ものの5分とかかりません。滑走路を全部見通せるわけではないのですが、それでも動きが大体わかってしまう、というのは小さな空港ならではの醍醐味かもしれません。

 

飛行機好きの息子にはたまらない。お昼過ぎの時間は、旅客機の離着陸が比較的多い時間。1時間半ほどの間に大小あわせて10機以上の離着陸を見たかな?その間、食事をしていても、目は窓の外に釘付け。コラコラ、ちゃんとご飯も食べなさいってば!

 

私が小さい頃、電車好きの弟のために、駅まで何度か電車を見に行ったことがあったのですが(今でも、日本に行くたび、息子に連れられて駅まで電車を見に行きますが)、電車から飛行機に代わりこそすれ、やってること、って一緒。

 

や、いつの時代も、洋の東西を問わず、男の子は単純で良いですね。




[ 2005/06/27 05:32 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/386-54914d43