当たらないもの、といえば 

日本でも最近やたらと雨が降っているようですね。こちらも、どうも今年は雨が多い。と思っていたら、当地の気象庁(INSIVUMEH、インシブメーと読みます)によりますと、今年は1969年以来の降雨量の多い年なんだとか。

 

あら、INSIVUMEHって、1969年の統計をちゃんととってあったのね。

 

そっちの方にびっくりしたりしますが、ま、道理で雨が多いわけだ。場所によっては例年の2倍の降雨量だとか。特に南部(太平洋岸)で多くなっています。

 

その割には、今のところ、川が決壊した、とか橋が崩れた、というニュースがないのが奇跡のような感じですが(多分、これから?)、土砂崩れや浸水はあちらこちらで起こっており、降雨による死者は既に38名。

 

雨季が始まってまだ一月半。心配なことに、これからもまだまだ雨は続くだろう、とINSIVUMEHは予想しています。

 

でも、INSIVUMEHがそう言っているんだから、これからはもう降らないんじゃないかって気も、かなりするんですけれど。




[ 2005/07/05 04:04 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/379-d7591103