日本語学習中 

職場にとあるサービスの人がやって来ました。Tico(ティコ、コスタリカ人のこと)だというその彼、Ticoらしく色白で背が高く、コスタリカなまりで話します。

 

グアテマラとコスタリカのスペイン語の差、って大きな違いではないのですが、それでもやっぱり違うんです。アクセントも違うし、言い回しも異なっていたり。そんな話でしばらく盛り上がったのですが、この彼、実は日本語も少しかじっていました。

 

日本語に触れるきっかけとなったのは、Videojuego(ビデオフエゴ)、つまりゲームだったのだそうです。ニンンテンドー、っていう単語がかなり小さな子供たちの間でも使われるくらい、日本のゲーム機&ソフトは知れ渡っています。

 

で、彼が最初始めたのは英語のものだったのだそうですが、続けていくうちに、日本語のものに行き当たるようになった。そこから少しずつ日本語に興味を持つようになり、今は漫画やアニメにはまっている。てなことでした。

 

アニメはテレビさえあれば、簡単に見られますが、マンガの方は、英語版を入手して読むんだそうです。そうして今はまっているのが「天上天下」なんですって。

 

「このタイトル、《天地》、って意味だって聞いたけれど、どうして《天地》、ってタイトルにしなかったの?」

・・・・・・知るか、そんなこと。

 

「《めぐりくる時に》って、どういう意味?」

「《やがて》って意味だよ」

「じゃあ、どうして《やがて》って単語にしなかったんだろうねぇ」

・・・・・・知らんってば!!

 

技術畑の人らしく?文学的修辞よりも、意味をつきつめていくことの方に興味があるようで。

 

そんな彼の夢は、いつの日か日本に行くこと、なんだそうです。

 

「だって、日本女性って美人だし!」

・・・・・・これだから、ラテンの男は、もう。



[ 2005/07/08 03:47 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/376-8a909bc6