スイスのかんきょう 

ママはどうやら、スイスのかんきょう についてのレポートをかんせいさせたようです。


「ママがしゅくだいをやってあげたんだから、ブログかきなさい。
 ほら、いっしゅくいっぱんのじんぎ、ってやつならぬ、いっしゅくだいのじんぎよ」
とわけのわからないことをいっているので、
どうやら、かなりオーバーヒートしているようです。
あばれだすまえに、とにかくかかなくては。


ママといっしょにスイスのこともしらべたのですが、
ゆきがあって、でんしゃがあって、ひょうががあって、
やまがあって、みずうみがあるそうなので、
ボクはすっかり きにいりました。


ママに「こんど、スイスに あそびにいこうね!」っていったら、
なんだかぎょっとしたようにみえたのは、
たぶん、ボクのきのせい、でしょう。


それにしても、ママのかくことは むずかしいっ。
コンタミナシォン・デ・アイレって、たいきおせんのことらしいんだけれど、
これって、おならのことかなぁ?
とくに、ママのはきょうれつ・・・・・・だもんね。


レシクラッヘ、ってゴミをぐるぐるまわすことなのかな。
そしたら、またつかえるようになるんだろ、きっと???よくわからん。


ま、いいや。そのままかきうつしちゃえ。
で、せんせいにきかれたら、
「スイスのひとたちは かんきょうをまもるために 
 おならをしないように しているそうです」ってこたえておけばいいや。おしまい。


[ 2005/07/27 03:45 ] こぞうのにっき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/360-2fd1eae1