外国人にも道を尋ねる人たち 

通りを歩いていると、時々道を尋ねられます。

 

ちょっと考えて頂きたいのですが、皆さんが道に迷った時、明らかに外国人とわかる人物に尋ねられますか?普通はあまりしない、ですよねぇ。それがここでは、アタリマエのように道を聞かれます。地図みたいなものがないせいもあるのでしょうが・・・・・・。

 

あと多いのは、時間を尋ねられること。腕時計を持っている人をさりげなくチェックして尋ねてくるのですが、すれ違い様なんかにいきなり

  -¿Qué hora tiene? (ケ・オーラ・ティエネ?)

と尋ねられるので、足踏みしながら時計を見て答えるわけです。スペイン語で時間をいう、いい練習ではあるのですが、急いでいる時には、うざったい。

 

さて、スペイン語を学習中の方は、上記の言い方に?と思われたかもしれません。普通、時間を尋ねるセンテンスとして習うのは

  -¿Qué hora es? (ケ・オーラ・エス?)

ですよね。

 

もちろん、これでも十分いいのですが、誰に尋ねているのかが漠然としちゃうからなのか?道で尋ねられる時は、どの人もこの人もtieneを使っています。英語にすれば

  -What time do you have?

私的には「あなたの時計では今何時?」ってなニュアンスで捕らえています。

 

それにしても、一目で外国人、ってわかる人間相手に、よく道やら時間やら聞いてくるよな、ってちょっと感心しちゃいます。それとも、これって、ひょっとして、私の個人的な魅力、ってやつのせい?

 

や、でも、道を尋ねるフリして、ひったくりとか強盗とか、あってもおかしくないので、聞かれた時は、いつも一瞬どきっとします。

 

通りを歩く時は、いつもそこらだ中にガン飛ばしながら歩いているつもり、なんですけれどもね。




[ 2005/07/29 03:49 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/358-6719bc9f