突然ノ朝 

今日のブログはbrujaさんの宇柳貝四方山話にリンクしています。

 

そちらを見て頂けば、私はもう何も言うことがなかったりしますが・・・(^ ^;

 

あの終戦から60周年の今年、広島では「突然ノ朝」と題した、世界各地の86日午前815分をデジカメの画像で結ぼう、という企画が行われます。この815分を写真で撮ってくださる方、募集中。

 

私の説明よりも、是非brujaさんのブログ、または「突然ノ朝」実行委員会?のサイトをご覧下さい。

 

世界のあちこちでテロが起こっている昨今(一方でIRAが武力闘争の放棄を宣言したりしていますが)、千羽鶴を折ったり、写真を撮ったりする行為など、暴力の前にはまったく無意味と映るかもしれません。

 

それでも、心を込めて千羽鶴を折る、または、あの日の朝を偲びつつ写真を撮る。そんな人たちが一人でも増えていけば、平和を求める人の底辺は確実に広がっていくのではないでしょうか。

 

そういう希望を広げていくことこそが、次世代のために私たちの世代に課せられた最小限の責任なのだ、と、私は思うのです。




[ 2005/07/30 19:46 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/356-4c1a1c7f