医療保険 

お陰さまで歯は順調に回復しております。そこで今日はグアテマラの医療保険についてご紹介してみようかと思います。

 

グアテマラにだってあるんです。医療保険。一応、雇用主は雇用者に対し、社会保険に加入させる義務を負っています。ちょっと記憶が定かではないのですが、雇用主と雇用者それぞれが負担するという形だったかと思います。

 

ここまではいいのですが、問題は、この医療保険、社会保障病院(IGSS, なぜか発音はイクス)じゃないと使えない、というところにあります。都市部を中心に50ヶ所近くに病院・診療所があることはあるのですが、「待たされる」「薬がない」「不衛生」という点では、国立病院と同じように批判されることの多い病院なんですよね。もちろん、診療費の方は安価に抑えられていますが。

 

また、保険金として集められた金の使途が明瞭ではなく、どうも汚職の温床となりやすい、という点も以前から指摘されているのですが、改善される様子はありません。

 

そんなわけで、IGSSに行くのは、ブルーカラーを中心とした労働者層、という感じです。収入に若干余裕のあるホワイトカラーになってくると、私立病院へ行くケースが多いのではないかしら。この場合は100%自己負担になってしまいますが。

 

上記の医療保険とは別に、民間の保険会社が運営する医療保険ももちろんあります。私の職場はこちらを選択していて、雇用側と被雇用者の両者で保険金を負担しています。これだと、どの病院へ行ってもOK。もちろん、自己負担もあるのでその分をちゃんと計算しないといけないのですが、自分のフトコロ具合に合わせて病院・医者を選べます。もちろん、国立病院という選択肢だってありますが・・・・・・。

 

さて、先ほど書いたIGSSとは別にIRTRA(イルトラ)というのがあります。何かというと、民間企業の労働者を対象とした娯楽施設(遊園地やテーマパーク)を運営しているところです。IGSSの保険証を持っていると、安く入場できる、というメリットあり。これがまた、グアテマラかとは思えないような、すごい立派な施設だったりします。グアテマラのみならず、近隣の国からもやってくる人がいるくらいで、明らかにはなっていませんが、ものすごい収入があるのではないかと。

 

こういうところで上がった収入を、IGSSに回して病院の施設とか改善すればいいと思うんですけれどもねぇ~。なかなかそういうワケにはいかないようです。IRTRAのXetulul(シェトゥルル)というテーマパークのサイトをリンクしておきますので、興味のある方はどうぞ。




[ 2005/08/06 03:58 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/350-340fdee9