首都アレコレ 

815日といえば、日本ではお盆。終戦記念日。こちら、グアテマラ・シティはFeria Patronal(フェリア・パトロナル、守護聖人祭)でお休みです。ちなみに、首都の守護聖人はVirgen de Asunción(ビルヘン・デ・アスンシォン、被昇天の聖母)。

 

余り知られていないのですが、グアテマラ・シティの正式な名称は、実はGuatemala de la Asunción(グアテマラ・デ・ラ・アスンシォン、被昇天のグアテマラ)。あ、国名の方はRepública de Guatemala(レプーブリカ・デ・グアテマラ、グアテマラ共和国)が正式名称です。

 

この市の名前、ちょっと変わってるんですよね。というのは、普通、聖人の名前を地名に含む場合、多いのはアタマに聖人の名前、次に地名が来る、というパターン。これが逆になっているケースは、まず見かけないんですが・・・・・・。お陰で?Guatemala de la Asunciónという正式な名前で呼ばれることはまずありません。文書などではこう書かれていることはありますが、一般的なのはCiudad de GuatemalaGuatemalaだけの簡略版。

 

このグアテマラ・シティ、実は4代目の首都になります。スペイン人侵略の時に、最初に首都とされたのがTecpán Guatemala(テクパン・グアテマラ)。2代目がCiudad Vieja(シウダー・ビエハ)で3代目がAntigua Guatemala(アンティグア・グアテマラ)。

 

現在のグアテマラ・シティの建設そのものは1620年なのだそうですが、遷都されたのは、アンティグアが地震のために壊滅的な被害を受けた後の1775年のこと。

 

そういうわけで、首都としては230年と比較的若い・・・・・・のですが、実はこの下には初期マヤのまち、Kaminal Juyú(カミナル・フユ)の遺跡が埋もれています。土をベースに造られたこの遺跡、都市圏の拡大に伴って大部分が破壊されたかそのまま埋もれたまま・・・かと思いますが、一部は保管されています。一番手軽に見られるのは、ルーズベルト通りの「ペリ・ルーズベルト」というショッピング・モールに金網で囲んで保存されているマウンド。これ一つだけこう

やって保存することにどれだけ意義があるのかは不明ですが、手っ取り早く見られるのは事実です。

 

・・・・・・もう少し遺跡の保存が優先されたなら、グアテマラ・シティそのものが、マヤ時代の遺跡跡として、重要な場所となったんじゃないかと思うんですが、都市化の波には敵わなかった、ってことなんでしょうねぇ、残念ながら。




[ 2005/08/16 05:20 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/343-16a58e1a