総選挙! 

選挙会場 その1


9月9日は総選挙の日!というわけで、散歩がてら選挙見物に行ってきました。
会場はLos Arcos(ロス・アルコス)。ここって、小僧がサッカーの練習に来るところです。
サン・カルロス大学の総合運動施設の雨天練習場。
雨天練習場と言っても、写真の通り壁がないので風が吹くと雨が吹き込む場所ではあります。


私たちが行ったのはお昼ごろ。結構な人出でしたねぇ。
日本の選挙会場ってしーーーん。としていたと思うのですが、ここは音楽もがんがんなっていて、お祭り気分。
会場前にいるお菓子や飲み物やピザの売り子さんたちも、お祭り気分を盛り上げています。
君たち、商売も大切だけれど、投票に行かんとあかんよ。


選挙会場 その2


さてさて、投票はこんな感じ。
グアテマラの場合、選挙人登録をした人だけが投票できるシステムです。
その登録は身分証明書に記載されておりまして、会場の指定は選挙人登録番号によって検索することが可能です。
以前は身分証明書の発行地(普通は出生地)じゃないと投票できなかったのですが、
数年前にシステムが変わって、データのアップデートをすれば、現在の住所地の至近の会場で投票できるようになりました。


というわけで、身分証明書を持って指定の会場に行くと、まずは自分が登録されているテーブルを探さないといけません。
この会場は10くらいのテーブルがあったかな?
自分のテーブルに行くと、身分証明書を提示。登録リストにあることを確認して、投票用紙が渡されます。
投票用紙は4枚で、大統領、市長、国会議員(全国区)、国会議員(地方区)です。


でちょっと後ろにある投票用紙記載台で用紙の記載。
いずれの用紙にも政党名やマークなどが印刷されていますので、希望の政党に×をつけると、テーブルに戻り、投票袋につっこむ。
写真で、テーブルの下にピンク色の紙が入ったビニール袋が見えると思いますが、これが投票袋です。ピンクは議員さんですかね?
用紙は4つ折で入れますので、誰に投票したかはわからないはず。


投票が済むと、人差し指にインクをつけ(二重投票防止のため)、リストの自分の名前のところにサインをし、身分証明書を返してもらっておしまい。


なお、各テーブルには最高選挙裁判所の担当者の他、各政党から派遣された「検事」さんがいまして、不正行為を監視しております。にしてもヒマそうだ、この人たち。一日座っていると、眠くならないんだろうか。


各会場には各国から派遣されたオブザーバーがいまして、こちらも不正を監視しております。多いのは米州機構、次いでUEですか。日本からも若干派遣されております。


実は、私たちが会場にいる間に、大統領候補のエドゥアルド・スーゲルが投票にやって来まして、ミーハーの小僧は、早速握手してもらいに行っていました・・・。スーゲルさん、今回はなかなかの善戦をしたようですが。


子ども選挙
これはおまけ。

同時に子ども選挙ってのが行われておりまして、
実際の大統領選挙をサカナに、
子どもたちが選挙登録をして、
投票を行います。


選挙会場にいるのも子どもたちなんですが、
ちゃんと投票用紙もあって、
投票用紙記載台なんてのも一人前にあったりします。


子ども選挙の結果は本当の選挙にはまったく影響を及ぼしませんが、
月曜日には「子どもたちが選んだ大統領」が発表されます。


写真は、一応考えて?投票する小僧。


投票したら、大人と同じように、指にインクつけて、サインしてオシマイ。
小僧的には「市長も国会議員も投票したかった~」だそうで。


こんなに楽しい選挙ですが、午後の激しい雷雨で停電になった会場もあり
とある政党は「選挙操作だ!」と怒っております。
そんなことて言われてもねぇ。文句は雷に言ってちょ・・・


それよりも大変だったのがバルベレーナ(サンタ・ロサ)という町のとある会場。
選挙結果(でもまだ開票する前に始まったんですよね、これ?)に不満を持った人たちが、投票用紙を焼いてしまったそうで・・・
ここは再投票になるそうです。


ダメじゃん、そんなことしちゃあ・・・・・・。


選挙結果に大きな影響を与えることはないと思われますが、いつまでたってもこんな出来事が続くのは悲しい話です。


現在開票が続いておりますが、マスコミの出口調査によれば、大統領は1位がアルバロ・コロン、2位はオットー・ペレスだけれど、大統領になるのに必要な50%以上の得票を得た候補者がいないので、決選投票になるだろう・・・という話。


実際の開票では今のところオットー・ペレスが優勢ですが、きっとコロンが地方の票で追いつくんだろうな。


開票、得票などについては、また明日・・・・・・。多分。


[ 2007/09/09 22:31 ] 2007年総選挙 | TB(0) | CM(2)

あ、いいなあ

子供投票。
私もやりた~~い。
それ、いい考えですよね。
子供のころからきちんとそういう意識を育てるって。
私は20歳になって半年で日本を出たので、
選挙は一度だけ、住んでた田舎の町長選挙でしたが、
直後に日本を出たので、結果すら知らない有様。
今は在外選挙っていうんですか、できるようになってるみたいだけど、
もう日本の政治なんて月の彼方ですしね……。
だからってメキシコの選挙権もないし。
そう思うとちょっと寂しいですね。
まあこの国も、投票したのがどこへ行くかはさっぱり不透明ではありますが……。

停電まで選挙操作だと怒られても困りますわなぁ(笑。
決選投票になるとしても、トラブルなく行くといいですね。
[ 2007/09/09 23:53 ] [ 編集 ]

>亀さん

そうなんですよ、この子ども投票、なかなか楽しげです。
私も投票したかった~。

日本の選挙、投票できるのはありがたいですが、
如何せん月の彼方の話ですから、どうにもピンと来ない・・・v-16

選挙にケンカとトラブルと不正は付き物。
今回も結果に反対している人たちが「不正があった」とあちこちで抗議行動を行っています。
死人やケガ人は出ていませんが、ちょっとまだ心配な雰囲気はありますね・・・。
誰が大統領になっても、苦労するのは間違いなさそうです。
[ 2007/09/11 23:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/34-f0194886