アメリカン・ドリームを目指す中国人 

先日、ラ・アウロラ国際空港で、イギリスの偽パスポートを持った中国人15人がまとめて逮捕される、という事件がありました。もちろん、この中国人らの目的地はアメリカ。

 

この一行は商用機ではなく、ベネズエラからセスナをチャーターし、テグシガルパ(ホンジュラス)で給油した後、グアテマラに着陸。グアテマラで一旦入国して、多分、陸路?アメリカを目指す予定だったようです。

 

それにしても、同じ帽子をかぶったアジア系の顔が15人もイギリスのパスポートを差し出しながら、英語しゃべらないとなれば、余りにもバレバレでしょ、って気がするのですが・・・・・・。

 

しかもこの一行、偽造パスポートにちゃんとグアテマラのビザを受けていたから、さあ大変。

 

というのは、このビザ、正当な手続を経ずに発給されたのではないかと見られるているからです。しかも、ですよ。日本にあるグアテマラ大使館がこれに関係しているのではないかいう疑惑が生じています。もっとも在日大使館だけではなく、他の地域の公館も疑われているわけなのですが。

 

昔、聞いたことがあるのですが、在日グアテマラ大使、っていうのは全然うまみのないポストなんだそうです。どうしてだかおわかりになりますか?

 

これ、日本人はグアテマラへ行くためにビザを必要としないから、なんだそうです。つまりこれって、ビザ発給代金を自分のポケットにつっこんじゃう、ってこと~!?逆に言えば、お金さえもらえば、正当な手続きを経ずに、「ハイ」ってビザ(グアテマラのビザはゴム印)を押してあげることだってあるかもね、確かに・・・・・・。

 

それにしても、アメリカン・ドリームを目指してやってくる中国人は後を絶ちません。これにはやっぱり蛇頭が関与していて、一旦中南米へ上陸させ、そこから北を目指す手口が主なようです。一人あたり5万ドルかかる、と書かれていましたが、これもやっぱり到着してから仕事して返済するわけなんでしょうね。

 

こういうニュースを聞くと、日本人であるありがたさを、しみじみと感じずにはいられないんですよねぇ、やっぱり。




[ 2005/09/02 04:01 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/330-d14b8f38