大統領候補の政見CM? 

9月9日の総選挙まであと1週間を切ってしまいました。それにあわせるように?やって来たハリケーン・フェリックス。ユカタンに抜けるかと思ったら、ホンジュラス・ニカラグア国境のグラシアス・ア・ディオス岬にカテゴリー5という規模で激突。その後は急激に勢力を落とし、ぱっちりお目めもつぶれてしまい、それでもホンジュラスを突っ切って太平洋に到達したようです。


勢力は落ちたとは言え、まだまだ雨風を連れてきているようですし、海に抜けたことでまた力を取り戻すかも?ハリケーンがなくても、既に降雨による被害が出てきているのに、ここでどしゃーっと降ったらどうなるんだろう。コスタスール、今年は今のところ大きな被害が出ていませんが、フェリックスも無事に通過してくれるといいなぁ~。


さて、今日はハリケーンに負けずにキャンペーンを続ける大統領候補たちのCM特集。

  • マリオ・エストラダ(UCN)
    この能天気さが堪えられない。セレナータ風の歌は「ボクの人生のことで嘆くことはないよ、いい時代になるからね」と歌っております。
    その後の「左じゃなくて、右でもなくて、下でもないよ、UCN」というのもおかしい。投票用紙の一体どこにマークをしたら良いか、って話と中道(え?)を強調するエストラダ。でも、誰も投票しないんだろうな。

  • オスカル・ロドルフォ・カスタニェダ(PAN)
    薬代がなくて、わずかに残ったロケットも売らなきゃ・・・と嘆く老女に優しいカスタニェダ。あ、あまりにもクサイ・・・。

  • ルイス・ラベー(FRG)
    「何千もの世論調査に勝る映像」ってタイトルの割にはしょぼい内容・・・。てかこのCM見たことないような気がするんですけれど。

  • リゴベルタ・メンチュ(EG)
    一番マジメで丁寧で内容のあるCM。なんだけれど、やっぱりインパクトが弱いかぁ・・・。「失業対策は?」というタイトル。

  • エドゥアルド・スーゲル(CASA)
    私、結構この方好きなんですけれどもね。教育者です。ビデオの内容よりも、時々出てくる家がかわいい。Casaってスペイン語では家のこと。政党名とかけています。

  • アレハンドロ・ジャンマテイ(GANA)
    ジャンマテイがしゃべるだけの、今時珍しい正統派CM。「グアテマラに必要なのは何か?」というタイトル。ジャンマテイの誠実そうな人柄が現れていますよね。いえ、本当に誠実なのかどうかは知りませんが。

  • オットー・ペレス・モリーナ(PP)
    「頭にもハートにもゲンコツ」って意味不明のフレーズを繰り返すだけなんですが、これも見てて楽しい。

  • アルバロ・コロン(UNE)
    「話すのが下手」と散々いわれているコロンが、堂々とメッセージを述べるCM。成功しているかどうか?は不明ですが。



私には投票権があるわけではないので、まったく他人事ではないとはいいながらも他人事のように見るしかないのですが、投票できるとしたら、オットー・ペレスのCMに出てる前歯の欠けたおじさんに一票。




[ 2007/09/05 00:02 ] 2007年総選挙 | TB(0) | CM(2)

ふむふむ

確かにオスカルの内容はくさい。
が、しかし、先日の参議院選挙で大勝した某政党のテレビCMも基本的に同じ路線だったような。

勝負になりそうな候補の中では、コロンさんにがんばってもらいたいと思ってますが。
どうでしょうね。
[ 2007/09/06 22:10 ] [ 編集 ]

>Pescadorさん

あら小沢さんてコワモテなのに、そういう路線だったんですか。
そう言えば、カスタニェダもコワモテ系ですからね、こういう人たちって、ソフトなイメージ戦略で勝負なんでしょうか。

コロンさんねぇ~、どうやら人を使うのがヘタクソっぽいんで、心配です。
能力はある方なんでしょうが、何にしても人間としての魅力に欠けるんで苦戦しているのかな、と。
どうなることやら・・・
[ 2007/09/09 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/33-2cb33a28