誕生パーティー 

ピニャータ

2日の息子の誕生パーティー、なかなかスゴイものでした。

 

前にも書きましたが、午後に通っている、就学前の幼児を中心に、小学生あたりまでがいるところへ、息子が午前中に通っている学校の子供たちなんかも呼んだから、さあ大変。

 

いや、大変、ってこともなかったのですが、最初はなかなか両者なじめず。というか、チビスケたちは、余り気にしてませんので、大き目の集団の方がいささか緊張気味。やっぱり、12歳の年齢幅って、結構大きなものなのね。それでも、ピエロとゲームをしたり、ピニャータを殴ったり、キャンディーを拾ったりしている間に、いつの間にか皆まぜこぜになっていましたけれどもね。

 

たくさんのプレゼントももらって、主役のご当人は大満足。でも、彼曰く、

「ママからのプレゼントが一番良かった!」

 

ふふふ、それはそうです。欲しがっているものを何ヶ月も前から準備していたのだから。

 

写真は、血祭りにあげられている悪役レスラーではありません。ファンタスティック・フォーのHombre de Molde、え~と、日本版では何て言ってるんでしょ、あの岩石男みたいなヒーローのピニャータです。

 

ヒーローだろうが悪役だろうが、ピニャータになってしまえば、ボコボコにされるのは皆同じ。か弱い?女の子から顔面に強烈な一撃をくらって、完全ノックアウト状態だったのですが、新聞紙を何枚も重ねてつくられている頑丈なピニャータのこと、これくらいでは中身のキャンディーが落ちてきません。

 

つまり、まだまだひたすら殴られつづける運命にあるのでありました。ご愁傷様。




[ 2005/09/05 18:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/327-8abc6b6e