むむむのむ。-しつこくW杯予選 

興味のない方には申し訳ないんですが、書かずにはいられないまたサッカーの話。

 

昨日の試合、競技場はグアテマラの代表チームのユニフォームを着た人たちで埋め尽くされていました。いつもなら必ず存在している相手チームの応援団がいない。さすがは、アメリカです。

 

なんと、大統領とか副大統領といった人たちも、貴賓席ではなく、普通の席に座って観戦。

 

最近、スタンドには国旗に”SI SE PUEDE”(シー・セ・プエデ、できる、やれる、イケル)と表れる人文字が作られるようになったのですが、この試合のはまた特大級のSI SE PUEDE

 

それに代表チームのスポンサーでもある某電話会社の応援団ってのも登場しまして、って言っても喚きながら跳びはねているだけなんですが、これが試合の間、何度も、社名入りでテレビに映されていました。

 

とにかく、期待が大きいんですよねぇ~、期待が。

 

新聞には、必ず各選手を10点満点で評価した一言コメントが載るのですが、ある新聞には、今回は監督のラモン・マラディアガ(ホンジュラス人です)も登場。曰く、「カブレラをベンチに残したのは正解。どうやらやっと、金で代表入りした選手を使わないでいられるだけの判断力が持てたようだ」で5点。

 

う、すごすぎる評価・・・・・・。


[ 2005/09/09 04:04 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/323-5b0c52b9