スペイン・ラテンアメリカ映画祭 

毎年日本で行われている「スペイン・ラテンアメリカ映画祭」。
今年も9月に東京と大阪で開催されます。


やっぱり多いのはスペイン、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンといった辺りの映画なのですが、今年はグアテマラの映画も1本参加しているそうで。


もっとも監督はチェマ・ロドリゲスというスペイン人。
1967年セビージャ生まれで、世界中を旅している人のようです。
そんな彼の目に留まったのがグアテマラのプータ(娼婦)たち。
彼女たちの姿を撮ったドキュメンタリーがこのレイルロード・オールスターズ(原題:Estrellas de la línea)。


タイトルのエストレーヤス・デ・ラ・リネアって、プータさんたちのサッカーチーム。
そう言えばこのチームのこと、一頃新聞でも取り上げられていましたっけね。
今でもちゃんとあるんだろうか・・・。


映画についての詳細はこのサイトに詳しいので是非ご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/synet/message28.htm

YouTubeにもあったりする。
リンク先は映画完成後、プータさんたちがスペインに行って試写などした時の様子。
トレイラーもありますので、興味のある方は。
http://www.youtube.com/watch?v=VhiChcyzYIE


どうでもいいんですが、この映画、グアテマラで上映されたっけ・・・・・・?
多分されてないんじゃないかなぁ?レンタルDVDなんかも見たことないし。


この映画の他にも、いろいろとありますので映画祭のサイトも是非。
http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/


個人的にはディエゴ・ルナが監督した「チャベス」というドキュメンタリー映画を見てみたいですねぇ。
チャベスって某産油国の大統領ではなく、メキシコの伝説的ボクサー、
フリオ・セサル・チャベス(107勝6敗1引き分け、11年間にわたって世界チャンピオン!)。
ボクシングに興味があるわけではないのですが、
ディエゴ・ルナが、どういう切り口でこのドキュメンタリーを撮ったのかに興味があります。
ここでの上映は・・・・・・なさそうか、やっぱり。


上映はすべてスペイン語に日本語字幕。
東京では9月14日から20日、大阪では9月22日から24日まで開催されます。
御用とお急ぎでない方は、是非。


[ 2007/09/01 00:24 ] お知らせなど | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/32-6cc62480