トーチリレー 

トーチリレー

14日といえば、独立記念日の前日。独立記念日の前日といえば、トーチリレー。

 

トーチリレー、学校単位や自治体単位、集落単位で行われているので、この日、グアテマラ国内は無茶苦茶たくさんのトーチが走り回ることになります。

 

出発地点はグアテマラ・シティーのオベリスコ広場。この、独立の英雄を記念した広場が、朝から、バスで繰り出す子供たちで賑わいます。

 

そう、地方からも来るんですよ。お揃いのTシャツ着てたりするので、どこから来ているのかもよくわかる。私が見かけたのは、東部のサカパ県やらチキムラ県から来ている子たちでした。

 

そういうところからバスや車を連ねてやって来て、適当な時間になると、空き缶やら何やらでつくったお手軽トーチに火をつけて、とっとことっとっ、と走り出します。残りの集団も一緒に伴走。何時間かけて帰るのかは知りませんが、ご苦労様なことです。

 

グアテマラ・シティー内の子たちの場合は、学校単位だったり、ご近所単位だったりしているようです。こちらはもっと遅くなってから走り出します。それが、写真。かなりぼけていますが、雰囲気だけはつかんでいただけるかと。

 

地方にいけばまた、その町の中やらでトーチリレーが行われているはず。

 

折角やるのなら、教育省あたりが音頭をとって、オリンピックの聖火みたいに、本当にトーチが町ごとにリレーするようにすればいいと思うんですけれどもね。じゃないと、この日、国内の道路はあちらもこちらも大混雑になってしまいますし、今年は好天に恵まれましたが、雨も良く降るこの季節、ずぶ濡れの子供たちが長距離走る姿はちょっとあんまり・・・・・・としか思えないですもん。

 

ま、そうして前夜祭はつつがなく終わり、当日、15日、今度はパレードです。これも子供たちが中心となります。大人は皆、高みの見物。

 

実は、学校単位で行われるこのパレード、パレードに参加しないと学校での成績がマイナスされてしまうという、半ば脅迫のようなものだったりします。こんなんで、独立をお祝いしている、って言えるの?この時期、ホント、子供は大変なんですよね。




[ 2005/09/16 05:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/317-d13d3e34