ベリーズとの領土問題再燃? 

最近どうも根性がなくって、グアヨシリーズの続きを書きたいと思いつつも、資料を読む気力がない日々です。というわけで、そちらの方は今しばらくお休みにさせて頂くことにしまして。


と言いながら、こんな新聞記事を見つけたのでちょっとご紹介。
「ベリーズとの領土問題再燃。グアテマラ政府はデン・ハーグへの提訴を検討」。


歴史的経緯から説明しますと、スペイン人の侵略時代、この辺り(えーっと、今のメキシコのソコヌスコ&チアパス州、ベリーズ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカまで)はスペイン王国のグアテマラ総督領でありました。その後スペインの勢力弱体のおかげで1821年に独立。当時のグアテマラの領土はスペイン総督領をそのままそっくり受け継いだものでした。


ところが1822年にメキシコからイトゥルビデ皇帝率いる軍隊が領土拡大を目的に侵略。1823年には何とか追い返すことに成功するのですが、ソコヌスコを奪われた上、チアパスの野郎共ときたら「グアテマラよりメキシコの方がいいね」と志願してメキシコへ編入。ばっきゃろー。


この後、中米連邦(だっけか)が誕生するものの、権力争いやら何やらで結局分裂、現在のような国境が誕生していくことになります。


さて一方ベリーズ地域。グアテマラ総督府時代から、こんなジャングルの彼方の辺境、とてもじゃないけど目が届きません。そこに目をつけたのが紳士の国というよりは海賊の国のイギリス。1638年以降勝手に船を送り込み、入植開始。ジャック・スパロウ船長も大活躍。


既成事実を作り上げて最後に
「もう何年も住んでいるんだから、いいでしょ」
と主張する。それって、今でもグアテマラで見られる
「誰も住んでいない他人の土地に勝手に家を建てて住み込み&畑を耕し、自分の土地だと主張する」
作戦と同じなんですけれど。まあ、そんなこんなでスペインも
「ま、あんなしょぼいところくれてやるかぁ」
と自由に使うことを認めてしまった。で1798年にはイギリス人入植者がスペイン軍を破って正式にイギリス領となってしまいました。


さて1821年のグアテマラ独立以降、グアテマラは
「イギリスはウチの領土を不法占拠しとる!」
と主張してイギリスと一触即発状態となるのですが、1859年、
「こんなところの領土持ってても、不便なだけでしょ?ここくれたら、かわりに首都からカリブ海に続く立派な道路をこさえてあげるから」
とイギリス人に丸め込まれて使用収益権って言うんですか?を認めてしまった。で肝心の道路は造られないまま、イギリス人は更に人を送り込んで人口を増やし、1862年には「英領ホンジュラス」を名乗りだす。やっぱり紳士というよりは海賊だよね。


1884年にはグアテマラは、
「イギリスは道路つくってくれなかった」、
「イギリスが約束を守ってくれなかったんだからベリーズはウチのもんじゃい」
と元々の条約が失効したと主張。


それからずーっと月日がたって1975年、国連総会で領土問題解決のための交渉続行を訴える決議ってのがイギリス、グアテマラ両国に対して採択されたりなぞしております。お。グアテマラ外交、結構やるじゃん。


そんなこんなが面倒くさくなってきた?1981年ベリーズははれて独立。グアテマラは
「領土問題はまだ話ついとらへんからな」
と一言加えた上で、ベリーズの独立を認めております。と言いながらも、グアテマラの地図には相変わらずベリーズがしっかり書き込まれているのは、地図買う人へのサービスのため・・・・・・なわけないよな。


それ以降、あちらこちらの手を借りて領土問題の解決を図っている・・・と言われています。4年くらい前でしたか?米州機構からの仲介案なんてのもあったんですが、結局今に至るまでまとまる気配すらありません。何といってもグアテマラの主張は、ベリーズの国土の約半分にあたる12000km2がウチの領土だってもの。これだと首都のベルモパンもグアテマラ領になっちゃううわけで・・・ベリーズがうん、って言うわけないじゃん。


なわけでお互い自分の主張を曲げることなく・・・。どこぞの国のサッカーリーグの放映権問題を髣髴とさせる・・・。まあ、あちらの方が第三者に与える影響は大きいかも。


グアテマラとしても、デン・ハーグの国際法廷に持ち込んだところで、領土を返してもらえるとは思っていないだろうけれど。だからと言って、タダで手放すのも惜しい。せめて賠償金かなぁ?ちっとは責任もって後始末してってくれよ、イギリス~。という気のする今日この頃であります。



[ 2007/08/29 15:40 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

うーん、ソコヌスコやチアパス、もともとはグアテマラだったのかぁ。
知りませんでした。
メキシコの北半分が戦争とか借金の肩、それに土地がお金になると味を占めたバカ大統領の売却などで
某国にごっそり取られてしまったわけですが、
ちょびっとだけとは言え、南側で取り返してたわけか……。

まあその辺は置いといて(置いとくのか!?)、
ベリーズ分捕っちゃったイギリスは、ちゃんと経済力あるんだから、
約束は果たしてほしいですよね~。
[ 2007/08/29 06:46 ] [ 編集 ]

>亀さん

取られた方は結構しつこく覚えていても、取った方は覚えていなかったりしますよねぇ~。
まあでも米墨戦争で派手に奪い取られたメキシコと、「おいら、メヒコになりたい!」と志願されてしまったグアテマラでは、グアテマラの方が情けないかなぁ~。

イギリスv-501に限らず、大国って小さい国見下して約束守らないことがあったりしますよね。
でもグアテマラもそうそう簡単には諦めない・・・と思いますよぉe-277
[ 2007/08/31 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/31-d0fa51cb