ハイメ・ビニャーレス 

ハイメ・ビニャーレス(Jaime Viñales)というと、グアテマラでは知らぬ人はいないような有名人なのですが、一体何をする人だかご想像がつくでしょうか。

 

答えはアルピニスト。そう、登山を生業としている、ラテンアメリカでは稀有の人です。2002年でしたか、エベレスト登頂にも成功しています。

 

私の記憶が間違いなければ、当時最年少のエベレスト登山記録をうちたてたセブンサミッター石川直樹さんも、同じ隊で登頂に成功したのだったと思います。

 

このハイメくん、毎年世界のどこかの山に登っている人ですが、先日はアイスランドの最高峰クバンナダールスフニュークル山(Hvanadalshnúkur)登頂に成功。この山にラテンアメリカ人が登ったのは初、なんだそうです。

 

そりゃそうだ。一体誰がわざわざアイスランドくんだりまで行くんだい?

 

ま、この山自体は、氷河もあり、クレバスもあるものの、体力のある方ならガイドについて登れる程度の、さほど難しくない山なんだそうです。もっとも、登山可能なのは夏の間だけなんでしょうけれど。標高は2119m。一面雪原、なんでしょうねぇ。素敵です。

 

グアテマラでは最高峰タフムルコ(4110m)といえど雪はありません。が、登るとしたらグアテマラの山々の方が難しいかも?

 

だって、強盗が出るとか、地元住民に襲われる・・・・・・という話は数知れず。だから、資源としては価値あるのに、登山を楽しもう、という雰囲気は全体として盛り上がらないんですよねぇ。

 

日本のように、比較的気軽に、いろんな山に登れるところが羨ましいです。




[ 2005/09/28 03:58 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/307-d4429957