災害事態宣言 

ついに大統領が災害事態宣言(Estado de Calamidad)てのを発動。ただし、私的に言わせると、タイミング遅すぎ。

 

あの、アドリアンの空騒ぎ(5月19日5月20日を覚えていらっしゃる方、いらっしゃるでしょうか。「直撃するぞ、大被害がでるぞ」って、大騒ぎしたのに何ともなかった、あのハリケーンです。

 

あの時も、今回も、結局は先が全然読めていない、ってことですよねぇ。気象台の予報・警鐘機能がダメってこと。

 

ま、お陰で6日より国内全部の学校という学校が休みになってしまいました。期限はなくて「公式の許可があるまで」。

 

でもね、5日午後からは雨も小降りとなり、今日6日は雨が止んでいる状態。タイミング遅いです。

 

この先の読めなさ、っていうのは、実は、グアテマラの人と話をしていると、よく感じることだったりします。目の前の現実にとらわれて、その先のことが考えられない。卑近な例では、これが欲しい!と思ったら我慢せずにローンで買ってしまい、後で払いきれないほどのローンを抱えてしまう(不動産のローンでも払いきれずに物件を召し上げられてしまうケースはかなり多いです)。

 

何だか話がそれてしまいました。国内の被害は深刻で、橋が流されたり、崖崩れで道路が通行不可だったり、国内の道路網がかなりの被害を受けています。浸水しているところも多いのですが、太平洋側に限らず、「低くなっているところ」で水につかってしまっているようです。停電している地域もあれば、電話が不通になっているところもあり、いやはや本当に大変なことになってしまっています。

 

ちょっとおかしかったのは「ガソリンが値上がりする」っていうデマが出たこと。グアテマラって、メキシコから石油を輸入していますが、今回ハリケーン・スタンが直撃したのが製油所のあるベラクルス。なので、供給が止まる、6日からドラスティックに値上がりする、というデマが流れ、5日はガソリンスタンドに長蛇の列が出来たんだとか。

 

や、6日以降はどうなってることやら、ちょっとばかり、見ものですよね。




[ 2005/10/07 04:12 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/300-1282812c