続・水面下のグアテマラ (訂正あり) 

土曜日。時折雨の降る天気の中、救出作業が続いています。公式発表でも死者の数は既に500人を超えるという大惨事。行方不明が300人以上。

 

今日はほとんど一日中、ローカルチャンネルが特集を組んでいますが、とにかく、見れば見るほど胸が痛くなる状況が続いています。

 

グアテマラに来られたことのある方なら、アティトラン湖畔のパナハッチェルをご存知ですよね。あの美しいパナハッチェルの町が、見るも無惨な状態となっています。幸い、この町では大きな人的被害は出ていないようですが(今のところ)、ソロラからパナハッチェルに向かう道は、未だに復旧していません。

 

救援物資を積んだトラックが襲われる事件も出ています。今日だけで既に数件。そのため兵士が同行することになりましたが、本当は、復旧作業に加わってほしいところですよね。悲しい話です。

 

また被災地では病気も広がっています。薬が決定的に不足しているような状況下、厚生省はテレビで生理食塩水の作り方なんてのを流していますが、被災地の人はテレビ見てる場合じゃないでしょう・・・・・・。大体、電気もまだ復旧していないのでは。

 

被害が少なかった地域でも、この先も安全だという保証はありません。モタグア川の水位が4m50cm上昇したという話も伝わってきています。この川、水源はキチェー県にありまして、ベラパスを通ってサカパ、イサバルと太平洋側に抜けて行きます。そう、水源の方が今回の被災地域。それが今になって川下の方でも水位が上昇、こちらの方でも橋が流される危険が出てきているとか。

 

救援活動が盛んになってきている首都でも、既に店頭から野菜が姿を消しつつあります。食料、ミネラルウォーター等、救援物資の中心となる物資も、品薄気味。といいますのも、スーパーの店頭で、お客さんが救援物資を購入し、スーパー側が被災地に送るという、割と気軽にできる支援が行われているのですが、比較的安価で大量に購入できる商品を選ぶ人が多いようです。

 

現在、メキシコ国境と太平洋岸の港が閉鎖されており、輸入品も品薄気味になるやもしれない状況です。ここは私たち、首都の人間にとっても我慢のしどころ、というところでしょうか。

 

訂正:

あああ、ドジな私。

本文中、モタグア川は太平洋に流れる、と書いてしまいましたが、正しくは大西洋に流れこんでいる川です。




[ 2005/10/09 19:54 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/297-ebb7d081