「ゴール!」 

今年23番目の熱帯低気圧ベータ君というのが先週誕生しておりまして、ニカラグアの方でざーっと雨を降らせたと思ったら、力尽きて形を無くしてしまいました。

 

ただ、このベータ君のお陰で、寒冷前線がこの辺りを訪れており、ここ数日寒い日が続いております。

 

寒いっていっても、首都では夜間でも10度を切ることはないのですが、なんといってもここはグアテマラ。着衣といえば半そでに上着、という初秋の装い。家には断熱材なんて気の利いたものはなく、鉄筋コンクリート造りの家の中は実際の気温よりもよく冷えている冷蔵庫状態。

 

お上流階級の豪邸には暖炉なんてものがあったりしますが、一般庶民の家には暖房装置らしきものがないので、冷蔵庫の中の住民は常に新鮮!

 

加えて、私の職場は、どんなに外気が下がっていても、常に冷房のついている、過酷な環境だったりいたします。「ここは北極」が皆の合言葉。そう、うっかり居眠りでもしようものなら凍死してしまうかも・・・・・・。

 

さて、そんな寒い祝日となった1日、小雨もぱらつく中、サッカー小僧と一緒に映画を見てきました。小僧的には「怪傑ゾロの伝説」とどちらにしようか相当悩んだようですが、結局選んだのは、その名も「Gol!(ゴール)」。そう、サッカーのスポ根映画です。

 

そういえば、この国に来てからというもの、映画に限らず「スポ根もの」にお目にかかったことがなかったなぁ~、と思いながら見ていたのですが。

 

サンティアゴはメキシコ人。子どもの頃、家族と一緒にアメリカに密入国し、ロサンゼルスで生活するようになりましたが、サッカーは彼の生きがい。地元のチームでプレーをしていたところ、たまたまロスを訪れていた、イギリスの元プロサッカー選手グレンの目にとまり、イギリスに渡ってプロ選手としてデビュー、活躍する、という内容。

 

スポ根ものの王道を行く、先のよく読めるストーリーだったのですが、それでもサッカー小僧なんかはサンティアゴが活躍するシーンで思わずバンザイしてましたから、なかなか感動してたようです。途中、ベッカムとかジダンといった選手がちらりと登場していたのには、私の方がちょっとビックリいたしましたが・・・・・・。

 

スポ根もの、ってなんだかんだと言っても、子供たちに「頑張ればうまくいく!」っていう夢をも与えるものですよね。この映画を見た帰り道、我が家のサッカー小僧も、どうやらトレーニングらしい、妙な走り方(ボールを持っているつもりらしい)をしていましたから、早速影響を受けてしまったようです。ま、頑張ってくれるのなら、この映画見て、良かったのかな。この先が楽しみです。




[ 2005/11/03 03:52 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/276-109f4618