米州サミット 

先週、アルゼンチンはマール・デル・プラタで第6回米州サミットなるものが開催されました。

 

米州サミットですからね。北中南米及びカリブの各国首脳が一同に会する会合であります。もちろん、主役はブッシュ大統領。

 

というわけで、このサミットに先立ち、大々的な抗議行動も行われました。この抗議行動のリーダーの一人が、ディエゴ・マラドーナ。そうそう、あの、マラドーナです。

 

ひところ、麻薬中毒で病院で治療を受けていましたが、今年からは芸能活動に復帰し、今では全ラ米で放映されている(と思われる)バラエティーショーの司会をつとめていたりします。そしてまた、この番組、いつも話題をふりまいていまして、最近のマラドーナ、なかなか好調なのでありました。

 

そんなマラドーナに加えてベネズエラの現役大統領ウーゴ・チャベスまでがブッシュ反対派となってしまうのですから、これで盛り上がらないはずがない!というわけでこの抗議行動、いささかエスカレートしすぎで暴動になっちゃいました。

 

付近の商店などは数日前から暴動を恐れて閉店していたようですが、それでもなお、モトロフ爆弾なんかを投げ込む輩のおかげで、銀行の店舗を始めとして、あちこちで火災が発生するという有様。

 

こんなサミット、絶対グアテマラでやってほしくないですっ!

 

ま、それはともかく、すったもんだの大騒動の中で行われたサミットで決定されたのは、貧困、失業といった問題との対決、米州自由貿易圏の創設などなど。この2つ目の点はいろいろ物議を醸しておりまして、今回の抗議行動も、アメリカ主導の自由貿易圏の創設に反対するのが主な点だったりします。

 

反対しているのはアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、ベネズエラ。それ以外の国はとりあえず賛成を表明しています。グアテマラも然り。

 

ま、しばらくはもめそうですね、この問題。

 

それにしても、ブッシュさん以外の人がアメリカの大統領でも、これほどひどい反対行動が行われたのかな?って、ちょっと思ったりします。




[ 2005/11/09 03:37 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/273-fd173f96