ハリポタ読了 

しばらく全然ブログには見向きもしないでハリー・ポッターを読んでおりました。その甲斐もあってやっと読了!どうにも最後まで読まないことには気がすまなかったのですが、これですっきり!!


え?結末ですか??知りたい???でもまだここでネタバレするわけにはいかないので、知りたい方は原書を読んでいただくことにして、ネタバレのないコメントを。


とにかく非常に長くて読むのにふうふう言う本なんですが、細部がしっかり作り上げられている上、登場人物が書き込まれていることもあって、いささか冗長気味になるのは仕方ないのかなぁ~と。以前の本に登場してきたエピソードが7巻でキーとなっていたりしますしね(なので読んでいらっしゃらない方は、復習のために1~6巻を読み直されると良いかと)。長かろうがなんだろうが、読ませる力はすごいです。


登場人物には、なぜかあまり共感が持てないんで(子どもの癖に出来すぎなハリーと2人の仲間たち&謎めきすぎのダンブルドアは特に。ダンブルドアおじさんがあんなに謎めいた振舞いをしなければこの本の魅力も半減ではありますが)、私にとってはファンタジーというよりはミステリーと言った方がしっくりくるかな。


・・・にしても、出てくる魔法の呪文が少なすぎる気がするのは気のせい?7年間で学ぶ呪文って、たったこれだけなんでしょうか・・・?


やっとハリポタも読んだことだし、しばらくさぼっていたブログもまた再開しようかと。またお付き合い頂ければ幸いです。



[ 2007/08/12 15:38 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/27-5f216efa