小バエリーグ観戦記 

サッカー小僧たちのトーナメントも6試合を終了、チームは312引き分けと、まずまずの成績です。

 

先週土曜日の試合は、トップリーグでも活躍しているムニシパルのちびっこチーム。このチームに入るような子は、将来サッカー選手を目指すつもりでいるんだと思いますが、それにしても小さい子供とは思えないようなプレーが目立ちました。

 

華麗なプレーというよりは、相手を押したり、蹴っ飛ばしたり・・・・・・。なんだか覚えなくてもいいことから覚えているんと違うか・・・・・・。

 

ま、そういう相手に引き分けたのだから、なかなか頑張ったと思います。なぜか審判も妙な判定が多くて、観客席からは大ブーイングが出ていましたけれどもね。

 

それにしても、観客席の父ちゃん母ちゃんの熱心なこと。っていうか、熱すぎる。

 

中には星一徹も真っ青なんじゃないかと思われるほど、息子さんに厳しい指示を飛ばしているお父さんもいて、彼はきっと将来グアテマラの星になるやも?それにしても、ちょっと可哀想ですけれどもね。だってまだ78歳の子どもです。

 

もちろん勝てば嬉しいのはアタリマエですが、この時期なら、もっと楽しんでサッカーをしてほしいと思う私は、こういうサッカー父ちゃんたちにはついていけません。

 

・・・・・・とかいいながら、段々サッカー母ちゃんになってきているような気も、しないでもないのですが。




[ 2005/11/30 04:07 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/262-34755d6d