盗人たけだけしい・・・ 

いろんな不思議なことが起こるのがグアテマラですが、またしても、「なんじゃこりゃ」と思うような事件?が。

 

去る14日、内務省が国際麻薬取引容疑でホルヘ・マリオ・パレーデス・コルドバという人物を指名手配する公告を新聞等に出しました。懸賞金は25万ケッツアル。いやいやこの写真、実に悪そうに写っています。さすが麻薬やってるヤツ。って感じ。

 

それを過ぎること2日後。最高裁にちょっと風変わりな申請が届きます。このパレーデスの弁護士が、最高裁に対し、「このような指名手配公告を行うのは憲法第14条の『警察機関は、何人であっても裁判所が取調べを行う前に、報道機関に内容を公表してはならない』を侵害している」として、この指名手配の無効?を訴えるとともに、警察庁長官と内務省長官を反訴したんだとか。

 

はあ???盗人たけだけしいとはこのことかしらん。ケンポー違反、ってのは、あなたがやってることでしょ。それをタナの上にヨイショして、どうしてそんなことが言えるわけよ。

 

さて、思いがけず訴えられてしまった警察の発表によりますと、パレーデスについては、国内では逮捕状こそ出ていない(つまり国内の裁判所が調べを行っていない)のは事実ですが、アメリカの裁判所で国際麻薬取引容疑による逮捕令状が出ている、国際指名犯なんだそうです。

 

失態続きの警察ですが、どうやら今回ばかりは、警察側の勝ち、となりそうかな。最高裁の決定は、まだ出てはいませんが。

 

それにしても、こんな男の弁護を引き受けるヤツって、一体どんなヤツ!?きっとお腹の中も真っ黒くて、頭ん中が捻じ曲がっているんだろうな。じゃなければ、こんなトンチンカンな反訴などしないと思うんだけれど。

 

それよか、パレーデスの居所知っているのなら、さっさとチクッて、懸賞金もらった方がいいんと違うかなあ。

 

弁護士倫理にもとる?や、そんなことよりも何よりも、そんなことしたら、きっと殺し屋に抹殺されるからできないんだよね。

 

くわばら、くわばら。




[ 2006/01/31 21:21 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/232-f9dd668a