運の悪い日 

どうもバス運が悪い・・・・・・という気のする今日一日。ちなみにこれを書いているのは131日の夜であります。

 

バスと言っても、私の乗るバスではありません。息子のスクールバス、であります。朝は朝とて、目覚めてみれば

(  ;)エッ!!  ぎゃ~、もうバス行っちゃったよー」

てな時間。

 

30分でとにかく息子にメシを食わせて用意をし、タクシーに飛び乗り!ま、おかげさまで学校には始業4分前に滑り込みましたが、実は今年寝坊したのは既に2回目。こんな調子では先が思いやられる・・・・・・。

 

さてさて、ここまでは、時々起こる我が家の姿。しかし、今日の悲劇はこれだけでは終わらなかったのですから、さあ大変。

 

それは昼休みのこと。昼食でも調達に行こうか・・・としたところへ、いきなり携帯電話が。息子の学校からだったのですが、なんと

「今日はお迎えがいなかったので、バスから降りれなかった」

というお知らせ。

 

( ̄□ ̄;)!!

 

この国、小学生の間は、お迎えがいないとスクールバスから降ろしてくれない、というのが普通です。ですので、我が家の場合は、午後面倒を見てもらっている幼稚園にお願いしているのですが・・・・・・。

 

そちらの方にかけて聞いてみたところ、「ちゃんと待っていたけれど、バスが来なかった」んだとか。どうやら、通常の時間より早く通り過ぎてしまったよう、です。

 

さてどうするか。方法は二通り。息子をそのままほっぽっといて、上の学年の子達の下校時間に出るバスにもう一度乗せてもらうか。あるいは、どこかでバスをつかまえて息子をピックアップするか。

 

幸か不幸か、この日はサッカーの練習のある日。息子も楽しみにしているし、送り迎え用に人を頼んでいることもあって、サッカーの方はできればちゃんとさせてやりたい。というわけで、仕事を抜け出して、バスの通り道に張り込む「目指せサッカー小僧救出・待ち伏せ大作戦」が始まったわけです。いやはや。

 

ま、結論から申しますと、無事息子をバスから解放?して、練習場へと連れていくことが出きました。息子くらい大きくなればまだいいのですが、実は、この学校、生後数ヶ月の乳児のクラスもありまして、ここに通う赤ちゃんが息子と同じ幼稚園で降りることになっていたのです。

 

降りるはずのところで降りれなかったこの赤ちゃんも、息子と一緒にバスで市内を一巡り。かなり長い道のりで、1時間以上をバスの中で過ごし、一旦学校に戻って、3時のバスで再度幼稚園へと向かったようなのですが、小さな赤ちゃんのこと、お腹は空くだろうし、おむつだって汚れるだろうし、大丈夫だったのかなあ・・・・・・、とこちらの方がものすごく気になりました。

 

この学校には既に2年通っていますが、こんなことは始めて。こんな日もあるのですねぇ、やっぱり。

 

それにしても、いい加減寝ないことには、また明日も寝坊かも。皆さん、おやすみなさい。




[ 2006/02/01 20:31 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/231-507d6940