春 

2月に入って、あちらこちらのジャカランダ(Jacaranda、スペイン語ではハカランダと発音)が咲き始めています。日本やヨーロッパは寒い冬が続いているようですが、こちらはもう夏が近づいてくる気配。

 

12月の初めこそは厳しい冷え込みもありましたが、後半からは寒さも緩み、比較的しのぎやすい日が続いています。早起きしなければならない身には非常に有難いことなのですが。

 

毎年、このジャカランダが咲きはじめる時期が、一番美しい時期だなあ、と思います。紫のジャカランダや桜のようなマティリスグアなど、熱帯的というよりは日本の春の花のような色合いの花が咲き始める1月後半から2月初めならば、まだ空気も澄んでいて空も青いんです。

 

2月後半から3月初め、暑さが本格的になってくると、空気も埃っぽくなって空もかすみがちとなり、空の青さも失われてしまうのですね。ですから、ちょうど今頃、この時期が、日本の春に一番近い季節だな、と思います。

 

ま、でも、だから春眠暁を覚えずなのよね、って、寝坊する言い訳にしちゃあ・・・・・・いけないんですよね、やっぱり。

 

今日も早めに寝ることにします。おやすみなさい。




[ 2006/02/02 19:23 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/230-2039d1de