市内バス 

市内バス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒風吹きすさぶグアテマラ市でも、先生やら大学生の抗議活動があったりしましたが、ニカラグアの方は、今週月曜日から始まったバスのストで何やら大変なようです。

 

コトの起こりは市内バス。グアテマラでもそうですが、マナグアでもバスは民営化されてはいますが、運賃は許可制。そしてこのバス代って、とにかく政治的要素の非常に高いモノ、なんですよね。

 

マナグアの方のバス業者の要求はシンプル。現在約$0.15のバス運賃を$0.18に引き上げてほしい。それができなきゃ、政府(あるいはマナグア市)が月額$110万の補助金を出してほしい。以上。

 

最大の理由は、もちろん、燃料費の高騰。最近は若干落ち着いているとはいえ、昨年の値上がりの仕方はハンパじゃありませんでしたからね。当然といえば当然の要求、ではあります。

 

一方、政府&市のお返事は「バス代の値上げなんて、とんでもない」、補助金については「お金がない」と素っ気ないもの。なかなか合意に至るのは難しいようで、市民は毎朝、バスがない中、タクシーやらピックアップトラックやらに乗り込んで、なんとか仕事やら用事やらを片付けているようです。

 

さて、グアテマラのバスはどうか、と申しますと、市内バスの運賃はQ1。ドルに換算すれば、$0.13となります。なんだ、グアテマラの方が安いじゃん。

 

でも、これ、市の補助金が出てるんですよね。金額までは覚えてませんが・・・・・・。それに、確か、燃料も安価で購入できるようになっていたはず。

 

ま、安いのはいいんですけれど、強盗は出るし、運転は乱暴だし、しょっちゅう事故ってるし、車体はボロボロだし、真っ黒クロスケの排ガスを巻き上げてるし、うるさいし・・・・・・、とにかく、安い以外にはいいことがありません。

 

ただし、これに慣れてしまうと、日本に帰ってバスに乗っても、なんだかえらく「モノタリナイ」。あの、わずかの隙間に無理やり突っ込み、猛スピードでバス停に急停車し、レース並の走行で他のバスをかわしていく。かと思うと、なんだかいきなり歌を歌いだして物乞いする子や、売り子さんのみならず、強盗だって乗りこんでくる、本当になんでもアリの市内バス。

 

なんだかんだ言っても、私、結構、好きなんですよね。




[ 2006/02/10 21:10 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/224-abb2b91e