トルティーヤの中につつんじゃえる国って? 

なぞなぞです。

 

トルティーヤの中につつんでしまえる国はどこ?

 

トルティーヤって、この国の主食のトルティーヤの粉を練って、丸く薄いおせんべい状にして焼いたもの。形状は「お子さませんべい」に似ていますが、もう少し薄くって、ぴらぴらしています。でもって、このトルティーヤにいろんなおかずを時に包んだり、時に皿についているものを拭き取ったり?して食べるんですよね。

 

●ヒント スペイン語では、ある国の名前は食べ物と一緒・・・・・・って言ったら、スペイン語知ってる人には簡単すぎるかな。

 

このなぞなぞ、息子から教えてもらったのですが、私には答えがわからなかった・・・・・・。ちなみに、答えは最後に。

 

息子のなぞなぞ、もう一つあって、こちらの方は簡単です。

 

溺れている人を助けてくれる国って、どこ?

 

●スペイン語の国名どおり、の意味。

 

こちらは私にもわかった!いやいや、どこで仕入れてくるのか知りませんが、スペイン語のなぞなぞなんて、おばさんのカタイ頭に言われたってついていけないよ~!って感じ。

 

さて、答えの方は、

最初のなぞなぞが、チリ。チリ、スペイン語ではチレ、ですがピーマンとかトウガラシのこと、全部ひっくるめてチレ、になります。2番目の方は、エル・サルバドル。その名の通り、救い主、なんですよね。当たりました?




[ 2006/02/22 03:42 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/217-cb135198