カナリアのたまご 

現在15日の朝。久しぶりにすっきりとした青空です。

 

今年はラ・ニーニャ現象が発生しているそうで、その影響でここしばらく、朝は曇りがち、時には小雨がパラパラと落ちてくる、とても夏とは思えないような天気。雲が多いながらも、昼頃には暑くなってきていましたが、どうも冷夏の雰囲気です。

 

カナリアさてさて、このセマナ・サンタ我が家の一番の働き者は、多分、カナリア。卵を抱いているところなのですが、なぜか巣の中ではなくエサいれの中に卵を産んでしまいました。

 

最初はメスだけが卵を温めていたのですが、やがてオスも育児参加。というか、最近は折り重なって卵を温めています。下になっているのは常にオス。夜寝る時も、この格好のまま眠っています。重たくないんかなあ。

 

「こらっ、このデブ女、重たいからあっち行け!」

「ふんっ、かわいいアタシの卵ちゃんたちを独り占めしようとしたってダメなんだからねっ!」

 

それにしても、動物の本能には感心させられます。エサバコをちゃんとした居心地の良さそうな巣に作り変えてしまうんですからね。オスとメスがきっちり役割分担をするのも、動物のすごいところです。

 

今抱えている卵は4個。ちゃんと、ヒナが孵るのかなあ・・・・・・。




[ 2006/04/16 05:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/190-3ce1f6b0