カナリア 

先週の金曜日、我が家で飼っていたカナリアのチャロ(オス)が死んでしまいました。

 

その前日の朝までは普通に元気にしていたのですが、金曜日の朝には、羽毛を逆立てて目をつぶり、じっとうずくまっているだけ、でした。立つことすらままならない。今まで病気らしい病気をしたことのなかったカナリアだったので、びっくり仰天して獣医に連れて行ったのですが、残念ながら間もなく死んでしまったのでした。

 

以前ご紹介した卵は、結局孵ることなかったのですが、先週の水曜日からまたメスが卵を産み始めたところ、でした。残されたメスの方は元気なのですが、急に広くなったカゴの雰囲気になじめないでいるような感じです。

 

寂しくて、悲しくて、何だか胸が一杯になってしまう今日この頃なのですが、今はメスがあたためている卵から、チャロにそっくりな子どもが生まれてくれないかな、と、そちらの方を心待ちにしています。




[ 2006/05/08 07:26 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/179-3fdb058b