Bancaféのこと 

続きを書く前に一点だけ。

この記事、インターネットで検索できる情報を元にして書いています。そういう元ネタについては、特定の記事からの引用以外は、この連載(さて、一体何回続くことやら)が終わってからまとめて出典を書くことにしたいと思います。

というわけで、2回目は、「じゃあ、Bancafeって一体全体どんな銀行だったの?」という話。まずは基本的なデータから。2006年9月のMoneda紙(グアテマラの経済紙)の記事から拾っています。

正式名称 BANCAFE – GRUPO FINANCIERO DEL PAIS
パイス・ファイナンス・グループの一員

創立 1978年10月16日 もうすぐ30歳だったのに~

総資産 999.3百万ドル(2005年12月)

店舗数 165 イメージ的にはどこに行ってもBancafeがあるという感じ

従業員数 2300名 1店あたり約14人。行員が1~3名程度のミニ支店も多かったことを考えると、結構多いかも?

CEO Lic. Ariel Camargo (アリエル・カマルゴ)
噂のグアヨ・ゴンサレスは2004年に大統領府官房長官に就任したため経営からは手を引いている。一応。

ビジョン 国内最高の金融グループとなること

ミッション 信頼される企業であること。確固とした存在感とグローバルな視点を有し、顧客のニーズを理解し、サービスを行う従業員を持ち、迅速かつ斬新な金融サービスにより、様々な分野や市場と協調し、サービス精神と顧客との約束を果たす信頼される企業であること。(ひぇ~、誰かもっとうまく訳して~)

歴史

首都圏のみならず地方においても、今までの銀行とは異なった、迅速かつ良質なサービスを提供することを目的に掲げている。Bancafeは地方への進出ではパイオニア的な存在であり、最初の店舗はアルタ・ベラパス県コバンに、次いでウエウエテナンゴに出店した。

1999年3月、Multibancoを吸収合併。グアテマラ初の銀行合併劇である。

Bancafeは国内の金融法の規制を乗り越え、顧客のニーズに応じて様々なグループ企業をつくっていった。こうしてできあがったグループ企業は次の通り:

  • Almacenadora del País
  • Financiera del País
  • Bancafé International Bank(BIB)
  • Valores del País
  • Seguros del País
こうして支店数は165、顧客数は100万超となり、国内行の収益性ではベスト5に入る優良行となった。

2002年、Bancafeはリオ・デ・ジャネイロで開かれた米州開発銀行が後援する第5回中小企業フォーラムでミクロファイナンスでプレミアを受けた。

2006年、中小企業支援を評価され、企業の社会的責任賞(なんだこれ)で1位。


商品など

2001年、競争が激しくなったこともあり、ビジネスモデルの見直しを図り、顧客関係管理(CRM)モデルを取り入れた。

また中小企業への融資を積極的に進めると同時に、収益が少ない、リテールやクレジットカード、保険、保管部門にも力を注いだ。今日、Bancafeはこの分野では国内首位の地位を築いている。



ぜいぜいぜい。経済音痴の私にとってはチンプンカンプンですね。

で何が言いたいかというと、Bancafeは評判の良い優良行だったということ。

聞いた話では、不動産ローンなんかでも、他の銀行よりも組みやすかったとか。中小や個人に優しい銀行、というのは事実のようです。

あと、Moneygramという海外送金(基本的にはアメリカからの送金を受け取るためのもの)でも国内ではパイオニア。早くて確実に届く、という話でした。

えーと、それから、行内でのコーヒーサービスを始めたのもここなんだとか。さすがコーヒー銀行。現在では、かなりの銀行で見られます。

まあそんなこんなで評判の良かったBancafe。こんな銀行が一夜にして操業停止→廃業に追い込まれた。

胡散臭い感じがプンプンしてきますよね?

えー、次回はグアヨ側の主張を取り上げてみたいと思ってます。


追記:
あ~、1つ大切なこと(?)を書くのを忘れていました。
Bancafeはサッカーのリーガ・ナシオナルの有力チーム、ムニシパルの大口スポンサーでもあったのです。他にもスポンサーをしている銀行はありますが、Bancafeは力の入れ方が違っていた。ムニシパルがリーガ5連勝できたのも、強力なスポンサーの力があったことは間違いないです。なお、Bancafe本店には、ムニシパルグッズを販売する売店までありました。



[ 2007/07/15 15:45 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(2)

改めて見ると

こうやって、今までの経緯を書いていただくと、非常に分かりやすく感謝しています。
そうだったな~、という事ばかりでした。私の記憶もあまり定かで無い様で。。。
こうやって見返すと、バタバタ感が否めませんね。
個人的には、「とにかく早いこと潰してから、詳しい理由は後で考えろっ!」という魂胆が見え隠れします。

怖い怖い。。。。と。

[ 2007/07/16 11:02 ] [ 編集 ]

その通りですね。

>グアグアさん

こちらこそいいネタ頂いて、ありがとうございます。
調べるのは大変なんですが・・・・・・。

私の記憶も全然アテにならないのですが、
調べて見るとあーそうだった!的なことが続々。

新聞報道が信頼しきれないと思われる事件なので
あまり資料がないのですが
まあ可能な範囲でまとめていきたいと思っています。

>「とにかく早いこと潰してから、詳しい理由は後で考えろっ!」という魂胆が見え隠れします。

これ、全くおっしゃる通り!
まあ、BIBの不良債権という理由はあったにしても、なぜこの時期に?というのは、依然謎ですもんね・・・。
[ 2007/07/17 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/17-69ee5b74