サッカー三題 

16日は世界中でサッカーの代表チームのAマッチが行われておりましたが、グアテマラは新生代表チームがマイアミでハイチと対戦。

 

新代表の監督はコロンビア人のEl Bolillo(エル・ボリーヨ)ことHernán Darío Gómez(エルナン・ダリオ・ゴメス)。チームも若干若返りまして、新顔もちらほら見られます。

 

のでちょっと楽しみにはしていたのですが、どうやら1-1の引き分けに終わったようです。なんだかね~。ゴールは58分にグアテマラ(マリオ・ロドリゲス)、60分にハイチ(ドゥメスリー)。全体としてグアテマラがゲームを支配していたようですが、決定力に欠けた、んだそうです。ふーん。

 

今日はリベルタドーレス杯の決勝セカンド・レグの日でもありまして、こちらの試合はものすごかった!んですよ。

 

サン・パウロとインテルナシォナルというブラジルのチーム同士の対戦となったこの決勝。サン・パウロが有利というのが、大方の予想でした。ところがどっこい。とファースト・レグは2-1でアウェーだったインテルの勝ち。

 

そして迎えた2戦目は、インテルのホームともあってものすごい熱気がテレビからも伝わってくる!!!攻守の展開の速い白熱のゲームで見てて楽しかったですねぇ~。結果は2-2の引き分けに終わり、インテルが今年の勝者となりました。12月に日本で行われるクラブW杯にはインテルが出場します。

 

ちなみに、我が家のサッカー小僧のお気に入りの選手は、インテルのラファエル・ソビス。我が家的には「ラファエル・ソンビ(ソンビってゾンビのことです)」と呼んでおりますが、1戦目で見事なゴールを決めてインテルを優位にした立役者でもあります。

 

そのサッカー小僧の方は、8月でシーズンが終了。とは言っても、休みなしで9月からまた新シーズンとなります。小僧がサッカーを始めたのが9月でしたから、早くも1年。続くかな???と思っていたのですが、楽しみながらやっているので、良かった良かった。

 

ちなみに小僧の最近のポジションはメディアプンタ。って、センターフォワードだったりします。とは言っても、ゴールを決める役回りというよりは、相手のDFを引きつける役・・・っぽい。ま、それでも1年前と比べれば雲泥の差。このままずーっと続けてくれるといいですねー。

 

9月になれば、新しい子どもたちも入ってくるはず。今まではチームの中で一番のチビスケだったのが、今度は兄貴分になるわけで。彼自身がどういう風に成長していくのかも、楽しみです。




[ 2006/08/17 20:10 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/152-2d6c518a