パソコン事情 

この週末・・・って、もう過ぎた週末のことなのですが、ネットつながらず、久々にネットのない週末を過ごすハメになりました。

 

土曜日の夕方、プロバイダーに問い合わせたところ「あー、つながらない?いやー、実はね、サーバーが落ちちゃってね。明日には直ってるから」と、軽やかな対応。「明日って、日曜日に直すんかいな、本当に???」と思っていたら、やっぱり直ってませんでした・・・。

 

ま、予想していたことなので、これくらいではめげませんが、やっぱりネットがないとなんだか手持ち無沙汰になってしまうんですよねえ。月曜日に復旧し、2日振りにネットを使えるようになると、やっとなんだかスッキリ。って、すっかり中毒症状が出ているようです。

 

ネットの話が出たついでに。当地で一般的に販売されているPCはどこのメーカーのものが多いか。という話題にいってみたいと思います。

 

デスクトップの場合。主流は多分、ハリケーン!?これ、多分ケースメーカーなんです。そう、本体のケースを作るメーカー。そのケースの中に、インテルやらどこやらといったパーツメーカーの部品を組み込んで出来上がり、というタイプのもの。結構お好みのスペックのものが比較的安価にお手に入ります。ただし、何の工夫もされていないので、音がやかましいとか、中がスカスカな割にケースがでかいとか、細部にこだわる日本人好みではないような気はいたします。それ以外だと、DellHP(Compaq)が主なものではないでしょうか。

 

さて、ノート。こちらになると日本のメーカーが顔を出します。以前からあるのがToshiba。それからここ2年間くらい?でシェアを伸ばしてきたSony。それ以外だとやはりHPDellしかないか・・・。そう、選択の余地がないんですよねぇ。

 

私が使っているのは当地で購入したToshibaのノート。Toshibaは、日本国内では余り評価されていないんじゃないかと思いますが、海外ではノートの先駆的メーカーで、世界中の多くの国で販売されているのがこのToshibaだったりします。何よりも「丈夫」。たとえば、SonyVaioって、おもしろいのですが華奢で壊れやすい、というイメージがあったりするんですよね。それに比べると、Toshibaはひたすら質実剛健。海外モデルならば、まあ部品にもよるんですが、比較的パーツを入手しやすい、というのも有難いところ。もっとも、最近は価格のこともあってDellHPに押されているような気がします。

 

お値段もまだまだこちらでは高級品。えーっと、中堅どころのサラリーマンのお給料1ヶ月分では買えないのがパソコン。ノートがほしければ、最低でも2ヶ月分のお給料をつぎ込まないといけない。Windowsは基本スペックに組み込まれていますが、Officeも買うとなると、3ヶ月分を越えるんと違うか・・・。

 

というわけで、まだまだ一般家庭には普及していないんですよね。インターネットカフェは大繁盛。職場のネットも仕事よりも私用に使われていることの方が多いかも・・・・・・?

 

我が家のToshiba君も、4年前だったかに、貯めたお金を握り締めて買いに行き、2ヶ月待たされてやっとゲットした宝物。最近は低血圧気味で立ち上がりに弱いし、時々疲れてスピードについていけなかったりはするのですが、まだまだ現役で頑張ってもらわなくては・・・。

 

実際、一度使い始めて、これになじんでしまうと、今度はPCのない生活なんて考えられない、ってことないですか?最近は、とにかく字を書かなくなりました。手書きよりもPCでうつ方が全然早いので、手書きで書き始めても、やがていらいらしてPCを使い始める。うーん、我ながらちょっとどうかとも思うんですが。

 

でも、多分、ひょっとして、パソコンのような「賢い」機械を使いこなしているような気になって、自分もちょっと賢くなったような、そんな自己満足に浸れるところがいいのかも・・・。




[ 2006/08/30 20:18 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/150-9464315d