独立記念日の学校行事 

最近ずっとご無沙汰・・・でしたが、実は別のことに気を取られておりました。

 

別のこと、って、はっきり言って帰国の手配。とりあえず、飛行機の予約は全てOKになりまして、今度は日本であーする、こーする、という辺りの計画というか、やりたいことをとりあえず考えてみたり・・・。滞在期間がさほど長くないので、やらなきゃいけないことはさっさと済ませる必要もありますし。

 

話は変わりまして。この15日はグアテマラをはじめ、中米各国の独立記念日でした。13日から市内は既にお祭りムード。というのは、毎年恒例の学生による聖火リレーが駆け回っていたからです。

 

聖火リレー、といいますが、この数がハンパじゃない。学校ごとに企画してやってる+町ごとに企画してやってる+自分たちでテキトーに聖火を作って走り回っている なんてのが混ざっている上に、一つのグループが複数の聖火を持っていたりするので、一体全体いくつの聖火があるのか?という話になると、誰も本当のところは把握していないんじゃないだろうかと・・・。

 

特に14日は朝から晩までこんな聖火リレーが走り回っているので、市内の道はあちらもこちらも大渋滞。走っている人たちは「これが青春!」とか思ってるのかもしれないけれど、おばさんにとってはちょっと傍迷惑な気がするんですけれどもね。ま、いいや。

 

この日に合わせて特別行事を行う学校も多くあります。多いのは、街道を練り歩く行進。この日の主役は「プレシデンテ」と「ミス・なんとか(ここにくるのは学校の名前)」。プレシデンテって大抵男子でミスなんとかってのはもちろん女性なんですが、どちらも投票で選ばれているはず。なんでミスなんとかがあってミスターなんとかがないのか?はよくわからないんですが、好きなんですよねえ、ここの人たち。

 

で、私的にちょっとおかしい!と思うのが、プレシデンテは、まあ、立派な服着て歩いているからいいんですけれど、ミス・なんとかの方って、いつも車に乗っているんですよね。それも、トラックの荷台に乗っているのならまだしも、きれいな洋服着て、冠つけて、車のボンネットに妙な格好で座っているケースがあったりする!車はさすがにゆっくり走るわけなんですが、つかまるところもないし、スカートだから足上げるわけにもいかないし、ものすごく不自然。ま、本人にとっては一生に一度の?記念なんでしょうが・・・

 

我が家のサッカー小僧の学校は、この奇妙な行進も聖火リレーもなく、とある学年が中心になって、この日の歴史を調べて発表する!のですが、その後「フェリア・カントナル(Feria Cantonal)があります。村祭り、という意味のこのお祭り、名前の通り、子供たちが主催の食べ物の屋台があったり、アトラクションがやってきたり。全校生徒(幼稚園から高校生まで)が一同に集まって、仲良く遊具で遊んだり(観覧車とか、ちょっとした乗り物があるらしい。今年は全部で6個だったとか)、食べたり。私も参加してみたいなあ~。

 

正直言って、聖火リレーや行進よりも、ずっと楽しそう。小僧もこの日は、「ルエダ・デ・ドラゴン(私の理解ではバイキングって言われてるヤツ??)が楽しかった~」と、話し始めたらもう止まらない。小さい子どもたちも楽しめる、こういう行事はいいですよね、やっぱり。




[ 2006/09/18 19:16 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/148-938557ba