Bancafe騒動その後 

先週は、Bancafe閉鎖ショックに明け暮れた一週間・・・だったような感じ。

 

個人的にはこの銀行には口座を持っていないので、余り関係がないと言えばないのですが、それでもいろんな支払い関係をこの銀行で行っていたこともあって(日本のような振込みシステムが一般的ではなくて、指定された銀行まで出向いて支払いを行うケースが多いのですが)、若干の影響くらいはあるかもしれません。

 

さて、木曜日からはBancafeの支店を他の3行が引き受けて開業する・・・予定だったのですが、これは金曜日にずれ込み、金曜日からは旧Bancafe支店はいずれも大混雑。中には前夜から支店前に毛布持参で並ぶ人たちもいたりして、いやはや本当に大変です。

 

それでもまだ、お金を引き出せた人はマシだったよう。大勢の客が押しかけたため、システムダウンが相次いだ上、「全額を引き出せなかった」という人も多く、この騒ぎ、来週くらいまではひきずりそうです。

 

金融監督庁のトップのウィリー君は「私がこの銀行に口座を持っていたとしたら、来週の月曜日まで待つけれどもね」なんて、金持ち的発言を行っていますが、一週間近く口座がいきなり凍結されてしまった一般庶民は生活がかかってますからね。

 

今回の騒動で不思議なのは、今まで横領などで銀行がつぶれそうになってきた時には、政府が介入して、なんとかかんとか銀行を建て直してきていたのに、今回はなぜ、いきなり操業停止なのか、ということ。

 

まあ、当時と今とでは政権も違うので、一概に比較はできないのですが、国内、特に一般庶民に大きな混乱をもたらすことがわかっていて、それでもどうしていきなりやっちゃうのか、ということ。

 

Bancafeって、顧客サービスでは国内トップレベルを行く上に、ボーナス面などでの行員への待遇も良かったんだそうです。そういう銀行がこんなにあっさり潰されてしまうのはちょっと寂しい。Bancafe側は猶予措置を求めていますが、こちらについてはまだ結果が出ていません。

 

もう一つ不透明なのは、Bancafeのオフショア銀行、Bancafe International Bankへの預金。Bancafeへの預金については、政府は「預金は全て保証されている」と申しておられますが、Bancafe Internationalへの預金は、この銀行の本店がバルバドスだったか?にあることもあって、不透明です。というか、返ってこない可能性が高く、そうなると、この銀行に投資していた個人・法人は打撃を受けることになってしまいます。

 

さてさて一体どこへ行くやらグアテマラは。楽しみなような、恐いような。




[ 2006/10/30 21:38 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/135-23e1181d